体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ついに日本1号店オープン!NY発の人気レストラン「サラベス」に行ってみた!

オープン前からテレビや雑誌で話題沸騰のレストラン「Sarabeth’s(サラベス)」が、いよいよ明日11月1日、新宿のルミネ2に日本1号店をオープンする。

ニューヨークでも“行列のできるレストラン”、“文句なしの朝ごはんの女王”などとして名高いと聞き、“どんなお店なのかいち早く知りたい!”と、さっそく報道陣向けのレセプションに参加させてもらうことに。

店内は、白を基調とした落ち着いた雰囲気で、女子が好きそうなかわいい雑貨やオブジェがさりげなく飾られている。創始者のサラベス・レヴィーン氏も、「料理はNYで私が提供しているものと同じで、椅子やテーブルなどにもNYのお店のエッセンスが入っている」と太鼓判を押している。

試食したのは、20年以上愛されている代表的メニュー「フラッフィー フレンチトースト 」(1200円)。トーストは、ふわふわ&やさしい味わいで、メイプルシロップとオリジナルバターミルクをたっぷりかければ、“これぞスイーツ朝食”と唸りたくなるほど濃厚でコク深い味わいに。トッピングされたフレッシュストロベリーのほどよい酸味が後味を引きしめてくれ、ボリューム満点ながらも飽きずに食べることができる。

また、17時以降に行くなら「ベルベティー クリームトマトスープ」(800円)がおススメ。クリーミーながら、トマトの爽やかさで重さを感じさせない仕上がりで、ふんわりとしたビスケットを浸して食べればさらに美味!そのほか、デザートの「チーズブリンツ」(800円)や4種のフルーツを使った「フォーフラワージュース」(600円)など、シンプルで素材の味を活かしたメニューが揃っている。詳細は、HP(http://www.sarabethsrestaurants.jp/)で確認を。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会