体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android 4.2(Jelly Bean)の新機能

Googleが米国時間10月29日にAndroid新バージョンとなるAndroid 4.2を発表しました。Android 4.2は開発コード“Jelly Bean”として知られるAndroid 4.1.xのアップデート版で、Quick Settings機能やマルチユーザー環境のサポートなどを含む様々な新機能が追加、ユーザの利用履歴に基き様々な情報を見やすく表示する『Google Now』の機能拡張などが施されています。また、APIレベルが17に上がっています。

大画面タブレットでのUIレイアウトの変更
画面サイズ10インチの大型タブレットにおけるUIレイアウトが『Nexus 7』に近いものに変更。

“Photo Sphere”機能が追加
カメラを上下左右に動かして撮影することで、空間的なパノラマ写真が撮影できる。『Google+』でシェアすることも可能。

ジェスチャータイピング
キーボードに、Swype入力のようにキー上をなぞるだけで文字が入力できる入力方式が追加。

マルチユーザー対応
Windowsパソコンのように複数のユーザーを作成することができる。ユーザごとにプロファイルが作成できるので、1台のタブレットを家族と共有する際には各ユーザーごとにホーム画面んをカスタマイズして使うことができる。

ワイヤレスディスプレー機能“Miracast”に対応
IEEE802.11シリーズの無線LAN規格を使って、スマートフォンやタブレットの画面表示をHDTVにワイヤレス出力する機能。受信側もMiracastに対応する必要がありますが、対応機器はさほど多くはありません。今後、Miracast対応のテレビや外部モニタ、ドングルが出回ることでしょう。

Daydream機能が追加
アイドル時やクレードル接続時に写真や『Googleカレント』の最新ニュースを含む情報を表示する新たなスクリーンセーバー機能。

“Quick Settings”機能が追加
通知パネル上のアイコンをタップすることで表示されるパネルから、Wi-FiのON/OFFや輝度の調節といった操作を行うことができる。

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会