体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

消費税の前に、増税はもう始まっている。どうする節約?

2014年4月に消費税が今の5%から8%に、そして翌年10月に10%になることが決まった。どれだけの影響があるか気になるが、新に国におさめる税金はこれだけではない。
この10月からは環境税が導入され、さらに、来年からは東日本大震災の復興のために所得税と住民税が増税される。

環境税は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出を抑える目的で、石油や石炭などに課すもの。ガソリンは1リットル当たり0.25円の増税。また、東京電力は9月の値上げ分に増税分を組み込み、他の電力会社やガス会社も料金への転嫁を検討中、今後の値上げ決定などを発表している。
復興増税は、所得税としては、来年から25年間納税額に2.1%を上乗せ、住民税は10年間年収に関係なく一律で増税される。

筆者の周囲は、環境税、復興増税についてはほとんどが知らず、知るほどに「復興予算が被災地以外に使われているって問題になっているのに。大丈夫なの?」「復興に必要なのはわかるけど…」「東電だけは先取り!?」「だいたい消費税だって何に使うのか」……と、憤りがこみ上げてくる様子。
筆者も同感だが、ここで嘆いていてもすでに増税は始まっている。そこで聞いてみた「あなたの節約方法は?」

「よく行くカフェやお店のポイントカードをつくること、逆にいえばポイントカードのあるところを行きつけにするようにしています。それと量販店などのポイントはため込まずに使えるときに使います。ため込もうとすると意外と失効するので」(ユキ子さん・30歳・事務職)

「効果が高いと感じられたのは、ランチをお弁当中心にしたことかな。そのときは引っ越し費用を貯めるという目標があったので、デパ地下通いも控えたから、食費が随分抑えられた気がします」(さおりさん・37歳・事務職)

リボ払いはしないと決めているミキさん(36歳・教育関係)は、クレジットカードの締め日を意識してショッピングをするという。「15日締めで翌月10日引き落としの場合、14日に買うと翌月支払うことになるけど、16日なら2カ月後の10日払い。それなら給料日が2回あるから、ボーナスをまたなくてもリボ払いにしなくてもある程度の金額のものが買えます」

「家計簿効果はてきめん。食費や交際費、衣類などにどれだけ使ったかがわかり無駄遣いをしなくなった」と語るのはカヨコさん(34歳・広告関係)。「もともと無駄使いしないほうでしたが、それでも1カ月の支出がわかってくると、自然と支出を抑えるようになりました」

その他、
「お金をおろすとき、例えば、3万円の場合は2万9,000円、4万円では3万9,000円と、必ず口座に1,000円残して引き出します。貯金が苦手、手元にお金があると全部使ってしまうので、こうすることで口座に少しずつお金が残るようにしています」

「ランチ代を節約しているのに、気分転換のコーヒー代が結構かかることに気づき、安いお店を選んだり、自分でドリップ式コーヒーを入れるようになった」
などの声もあった。

聞いたほとんどの人が答えてくれた節約術。少しの工夫でできそうなことばかりだが、継続すれば効果はありそうだ。本格的増税を前に、一度お金の使い方を見直してはいかがだろう。(オフィスエムツー/オオノマキ)

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

消費税の前に、増税はもう始まっている。どうする節約?
女子はなぜ“ふわ”と“とろ”に弱いのか
【オトナ女子読書部】 女の自立は無駄! 時代錯誤オヤジが説く超保守的恋愛マニュアル『30歳から成功する恋愛』

(http://news.livedoor.com/article/detail/7089358/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。