体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ローソン、ご当地食材をおにぎりにした「郷土(ふるさと)のうまい!」シリーズを期間限定で発売!

ローソンは、全国各地のご当地食材をおにぎりの具材にした「郷土(ふるさと)のうまい!」シリーズを、11月6日から全国のローソン店舗にて期間限定で販売する。

各地方ならではの特産品に限定し、魚介類、肉類、醤油などの調味料を、おにぎりの具材に合うメニューに仕上げる「郷土(ふるさと)のうまい!」シリーズ。

第1弾となる「宮崎のうまい!黒瀬ぶり照焼」(240円)は、宮崎県志布志湾沖の黒瀬漁場で育ち、串間港で水揚げされた“黒瀬ぶり”の切身を照焼にして、おにぎりの具材に。たまり醤油、丸大豆醤油、山椒、生姜汁、三温糖に九州地区で使われている料理酒「赤酒(あかざけ)」を加えてコクを出した、キレのある甘みの照焼となっている。

11月13日発売の第2弾は、「山形のうまい!やまがた牛すき煮」(230円)。脂のサシが細かく、とろけるような旨みが特長の“山形牛”のバラ肉をすき煮にしており、味付けには、地元で最も愛されている老舗醤油屋「丸十大屋(まるじゅうおおや)」の濃口醤油「伝来特級」を使用している。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会