体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Huawei、価格を抑えたクアッドコアスマートフォン「Huawei Honorクアッドコア版」を発表、4.5インチHDのIPS液晶・K3V2 1.4GHzクアッドコアを搭載

Huaweiは10月29日、中国・北京でプレスカンファレンスを開催し、同社のAndroidスマートフォン新機種「Huawei Honorクアッドコア版」を発表しました。Honorクアッドコア版はAndroid 4.0(ICS)を搭載したAndroidスマートフォン。2011年のフラッグシップモデル「Honor」の後継機種となります。ディスプレイは4.5インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶、プロセッサは同社開発のK3V2 1.4GHzクアッドコア、2GBのRAMを搭載するなど、今年のフラッグシップ「Ascend D Quad」に匹敵するハイスペックとなっています。内蔵ストレージの容量は8GBで、microSDカードも利用可能(最大32GB)。カメラは背面に800万画素の裏面照射型CMOS、前面に130万画素CMOSを搭載。リアカメラでは1,080pのフルHD動画が、フロントカメラでは720pのHD動画が撮影できます。無線通信機能では、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v3.0、GSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA(850/900/1700/1900/2100MHz)に対応します。バッテリー容量は2,230mAhで、連続待受時間は541時間、常用でも72時間は持つとされています。本体サイズは134㎜×67.5㎜、10.5㎜、質量は145g、Honorクアッドコア版の価格は1,888元(約24,000円)※RAM容量は1GBです。発売時期は11月上旬で、11月1日より予約受付が開始さrます。中国以外での発売予定については明らかにされていません。Source : Huawei



(juggly.cn)記事関連リンク
携帯3社、名古屋市営地下鉄における携帯電話サービスの提供エリアを10月31日より拡大
2012年Q3の世界タブレット出荷台数、Androidがシェア41%を記録(Strategy Analytics調査)
スクエア・エニックス、Android版「クロノ・トリガー」をGoogle Playストアで配信開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。