体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ライムベリーがタワー〈T-Palette〉参加を発表! 10月28日のステージをレポ

 

ライムベリー

 

MCのMIRI、HIME、YUKAと、DJのHIKARUという中学生4人から成る注目のアイドル・ラップ・グループ、ライムベリー。彼女たちが昨日10月28日、東京・四谷ライブインマジックで行われたイヴェント〈usa☆usa学園ライブ58〉のなかで、タワーレコードのアイドル専門レーベル〈T-Palette Records〉に第7弾アーティストとして参加することを発表しました。ここではその模様をレポートします!

 

 

ライムベリーの母体であるガールズ・ダンス・ヴォーカル・ユニットのusa☆usa少女倶楽部に加え、その派生ユニットであるリトル☆ラビッツ、ソロ・アーティストとして活動中の保坂朱乃が出演したこの日のイヴェント。ライムベリーの4人は、挨拶代わりのナンバー“RHYMEBERRY IZ NO.1”でライヴをスタートし、2曲目の“SUPER MCZ TOKYO”で会場をもみくちゃに。その後はデビュー・シングル“HEY! BROTHER”で盛り上がりに拍車をかけ、さらにしっとりとした“WJ”と、連続で4曲を披露。その後のMCで〈T-Palette〉に参加することを発表し、年内のシングル発売、そして12月9日(日)に東京・品川ステラボールで開催されるイヴェント〈T-Palette Records 感謝祭2012〉に参加し、レーベルメイトとなるバニラビーンズ、Negicco、LinQ、しず風&絆~KIZUNA~、lyrical school、アップアップガールズ(仮)と競演することをファンに報告しました。

 

 

Tパレ参加発表を受け、メンバーはそれぞれ緊張をにじませながらも喜びと意気込みをコメント。

「あのー……頑張ります! 早速〈T-Palette Records〉さんのイヴェントに参加させてもらうことになったので、その会場もこの四谷以上に会場をぐちゃぐちゃに盛り上げていきます!」(MIRI)

「私、リリスクさん好きなんですけど、T-Palette Recordsさんにはリリスクさんも所属しているということで嬉しいです。セカンドシングルは私たちも楽しみなので、皆さんに聴いてもらえるように頑張ります」(HIME)

「DJ機材も(後ろのDJブースを見ながら)こんな感じですけど、いずれはCDJとかも色々出来るように、練習していきたいと思っています。ライムベリー応援よろしくお願いします!」(HIKARU)

「セカンド・シングルが出されるということで、もっともっと自分のラップに磨きをかけたいと思います! これからも応援よろしくお願いします!」(YUKA)

 

 

感想をコメントした後も、「アルバム出したい」「PV作ってみたい」と、野望を次々と口にする意欲的な4人。発表を終えてほっとした様子の彼女たちは、「盛り上がっていいんだよー!」と会場を再び煽り、“まず太鼓”と“MAGIC PARTY”を続けてパフォーム。大盛り上がりでライヴを締め括ってくれました!

 

 

★ライムベリーの〈T-Palette Records〉参加に関する詳細ニュースはこちらから

 

〈usa☆usa学園ライブ58〉 @ 東京・四谷ライブインマジック ライムベリー セットリスト
1. RHYMEBERRY IZ NO.1
2. SUPER MCZ TOKYO
3. HEY!BROTHER
4. WJ
5. まず太鼓
6. MAGIC PARTY

 

〈T-Palette Records 感謝祭2012〉
日時/会場:12月9日(日) 東京・品川ステラボール
開場/開演:14:15/15:00
チケット代:3,990円(税込) ※ご来場者全員に記念品をプレゼント
出演:
バニラビーンズ、Negicco、LinQ、しず風&絆~KIZUNA~、lyrical school、アップアップガールズ(仮)、ライムベリー
司会:
吉田豪、嶺脇育夫(タワーレコード代表取締役社長)

【チケット販売】                   
・一般発売(チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス)
11月10日(土)10:00より
問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION(03-5720-9999) 

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。