体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワンランク上の絶品常温スティックカレー『仁丹の食養生カレー』

一時期、朝カレーが流行した時に常温のままご飯一膳にかけられるスティックカレーが人気でした。最近、すっかりスティックカレーのことを忘れていませんか?
実は、和漢植物を使った健康志向なスティックカレーが隠れた名品なのです! 筆者は以前から気に入って食べているのですが、カレー専門家もテレビで紹介していました。

森下仁丹健康美容通販 仁丹堂から販売されている、『仁丹の食養生カレー』は、和漢植物が配合された、薬膳カレーです。使いやすい、使いきりスティックになっています。
薬膳と聞くと、「漢方みたいな苦味があるのかな」「独特の風味がしてまずいんじゃ」なんて思っていましたが、食べてみてびっくり! 薬膳なのに、全くクセがなく美味しいんです!!

そのヒミツは、人気の漢方相談薬局 薬日本堂森下仁丹のコラボであるところにあるようです。“仁丹”と聞くと、おじさんが食べている不思議匂いの粒を思い出しますが、健康食品やこだわりの食品も多数販売しています。
薬日本堂は、美と健康に役立つ漢方養生ライフを発信し続け、 漢方食品や薬膳レストランもプロデュース。その薬膳レストランでの人気No.1メニューの薬膳カレーを元にしたのがこの『仁丹の食養生カレー』なのです。

薬日本堂の薬膳に関するノウハウをたっぷり詰め込んでいるので、ただ体によいだけでなく、美味しさも保障付きなんです!
元々、カレーのスパイスに使われているクローブ、シナモン、フェンネルなどは、東洋医学で生薬として使われています。そこに、仁丹独自の和漢植物“和桂皮、金時生姜、甘茶”をプラス。深い味わいと健康パワーをプラスしているのです。

この『仁丹の養生カレー』は、常温でも固まりにくい植物性油を使用しているので、温めずにお弁当のご飯にかけたり、パンにかけたりしてもおいしく食べることができるんです。

あつあつご飯にかけて食べると美味しく、発芽玄米などと合わせると更に健康に気を使っているように感じます。

このカレーは、辛さがないんです。野菜のほかに、フルーツやトマトが入っているので深い甘みがあり、それがとっても美味しいんです。トマトベースで作られた洋食屋さんの味です!
甘いだけのカレーでもなく、スパイスの香りも楽しめるので、子どもはモチロン、大人も美味しく食べられます。

筆者オススメの食べ方は“絶品とろ~りカレーチーズトースト”。

食パン(冷凍したものでもOK)に食養生カレーを1本塗って上からとろけるチーズをかけてオーブンで焼くだけ。朝食にぴったり! おいしくて元気の出るメニューです。是非、試してみてくださいね。

仁丹堂
http://www.181109.com/shopping/pages/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「咲坂らいら」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会