体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

科学者はみのもんたに勝てるのだろうか?

科学者はみのもんたに勝てるのだろうか?

今回は近藤滋さんのホームページ『こんどうしげるの生命科学の明日はどっちだ!?』からご寄稿いただきました。

科学者はみのもんたに勝てるのだろうか?

免疫学者、みのもんたに完敗

かなり以前、筆者が京都大学医学部で講師をしていた時の話である。所属していた研究室は、免疫遺伝子の研究では世界的にも有名であり、従って、当時の筆者は免疫学に関しては、(個人的にはたいした業績があるわけでは無いが)一応プロなのであった。
ある日、東京の母から電話がかかってきた。しきりにトマトをたくさん食べろと勧めるのである。その理由は「免疫に良いから」だそうである。
なんだぁ、その「免疫に良い」ってのは?
いくらなんでもアバウトすぎて、何を意味してるのかもわからんぞ?
だいたい、免疫学のプロに素人が免疫について指図するとは上等である。
「いったい、誰がそんな頓珍漢な事を言ってたんだ?」
と聞くと、
「みのもんた、がTVで言ってたのよ」
と返事が返ってきた。はぁ~~。みのもんた・・・・・・。
「あのさぁ、俺一応免疫学者なんだぜ。解ってる?」
「でも、そういってたんだもの、ちゃんとトマト食べなさいよ」
「・・・・・・」
とまあ、生命科学者の権威は、みのもんた氏には到底太刀打ちできない、と言う事が明らかになった瞬間でありました。
実際、世間でのみのもんたの権威?はすごい。
彼が、「奥さん、トマトは免疫にいいんですよ」というと、トマトがバカ売れ。「納豆はお肌にいいんです」というと、スーパーから納豆が消え、「きゅうりは若返り効果があるんだって」とうなずけば、市場できゅうりが暴騰する。絶大な信用である。

しかし、次から次へと、@@@に良いという食品が出てくるということは、「効果はほとんどない」ことの間接的な証明でもある。みのもんたが「@@に良い」と断言した食品その他は、この20年で数百に上ることは確かだが、みのもんた本人だって、覚えちゃいないだろう。そもそも根拠が極めて怪しい。きゅうり食って長生きできて、トマト食ってがんにならないのであれば、医者なんかいらないのだ。

正確さの保証はどこに?

では、なぜ視聴者はみのもんたの言うことを信用するのか?

みのもんたは医者でもなく科学者でもない。彼がそう話すだけでは、視聴者は納得しないはずである。だから、たいていの場合、みのもんたの隣には「~~大学教授」とか、「~~研究所研究員」がいて、話題の信ぴょう性に箔を付ける。視聴者は思う。なるほど、ちゃんとみのさんは正しい科学の裏付けを持って話しているのだ。
こうした事が繰り返されると、だんだん、科学の権威がコメンテーターからみのもんたに乗り移っていく。みのさんの調べた事なんだから、間違いない。信用できる。少なくとも、うちのバカ息子がやっているめんえきの研究よりもずっと正しいに違いない。そうだ電話しておこう。。。。となるのである。

科学的な事実の客観性への信仰

この、専門家のコメントで科学としての信ぴょう性を代表させるという方法は、TV以外にもあらゆる場所で使われている。
新聞に「@@@@を解明した」という科学関係の記事が載ることが多いが、それには他の専門家のコメントが添えられることが多い。信ぴょう性は、お手軽に専門家のコメントで代表させるのだ。
それに、もし報道した事実が「間違い」であったとしても、報道機関が責任を取る必要がない。だって、専門家がそういったんだもの、自分たちはそれを報道しただけ、と言い訳できるのである。実に賢い方法である。

しかし、本当にこのやり方でよいのだろうか?
考えてみれば、科学的な事実とはいえ、専門家の間で意見の異なる場合も多いし、そもそも、インチキくさいコメンテーターだって結構いる。
内容によっては、たった一人の専門家のコメントで済ますのは危険なこともあるだろう。
だが、少なくとも一般社会には「科学の客観性」に対する信頼があり、それが、「たった一人の科学者の判断が全てを代表できる」というフィクションを成立させる。小学校から大学を通じて教えられることは、科学的な事実の普遍性と確実性である。
文系の科目の問題には答えはいくつでもある、かもしれない。しかし、理系の科目(特に数学)には、絶対的な答えが存在し、それのみが正しい。そういう知識体系を理解し、身につけているのが科学者なのであり、従って一人の科学者の判断は常に科学者集団の中では共通のはずだ。従って一人のコメントでOKということになってしまうのである。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。