体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“18歳に見える”奇跡の44歳美魔女

 今週1週間に映画界で起こった出来事を紹介する「週末映画まとめ読み」。まずは、特にアクセス数の多かった映画記事トップ10を振り返ってみましょう。

 今週一番アクセスが多かった記事は、44歳にして“18歳に見える奇跡の美魔女”水谷雅子インタビュー。可愛すぎるルックス+美の秘訣を語るインタビューは男女ともに必見の内容です。2位以下も、真木よう子、ナタリー・ポートマン、そしてまいっちんぐマチコ先生まで美女が映画ランキングも賑わせました。

第1位 インタビュー:水谷雅子「美魔女の秘密は、ラヴェンナのように鏡を見ること」

 「鏡よ鏡、この世で一番美しいのは誰?」――グリム童話誕生から200年、王子様を待つだけの可愛いお姫様がドレスを脱ぎ捨て、武器を手に“戦う白雪姫”へと大胆に変身。そして、永遠の若さと美貌を求め、スノーホワイトの心臓を狙う“美魔女”ラヴェンナ。二人の美の競演の結末は如何に…? 『スノーホワイト』ブルーレイ&DVDの発売を記念して、“18歳に見える奇跡の美魔女”として話題の水谷雅子(44)に、本作を通じて“美と若さの秘訣”に迫った。記事全文

第2位 真木よう子「さよなら渓谷」で7年ぶり映画単独主演 官能的な演技披露

 女優の真木よう子が、芥川賞作家・吉田修一氏の長編小説を大森立嗣監督が映画化する「さよなら渓谷」で、約7年ぶりの単独主演を務めることがわかった。「ベロニカは死ぬことにした」以来の“座長”となる真木は主人公・かな子に扮し、憎しみと愛情の狭間で揺れ動く女性の心理を、官能的かつ大胆な演技で体現する。記事全文

第3位 少年サンデー「タキシード銀」ハリウッド映画化!!「ナイトミュージアム」脚本家がプロデュース

松浦聡彦のラブコメ漫画「タキシード銀」が、「ナイト ミュージアム」シリーズや「燃えよ!ピンポン」(08)などを手がける脚本家で監督のロバート・ベン・ガラントによって映画化されることがわかった。製作はディズニー。記事全文

第4位 ナタリー・ポートマン、Diorの新広告が加工されすぎで英国で掲載禁止に

 女優のナタリー・ポートマンが広告塔を務めるChristian Dior[クリスチャン・ディオール]のマスカラの新広告が、加工されすぎているという理由でイギリスで掲載禁止となった。同ブランドのマスカラ「Diorshow New Look lash-multiplying mascara」の新広告にナタリーが起用されたが記事全文

第5位 マチコ先生のパンティがさらに純白に!懐かしのセクシー学園コメディアニメが高画質で

 私立あらま学園にやって来た、大学を卒業したばかりの新人教師マチコ。イタズラ好きな教え子ケン太とその子分マル夫をはじめとするスケベな男どもからのセクハラを、「まいっちんぐ」の決めセリフで乗り切る、彼女を取り巻く騒動を描いたコミックが原作のテレビアニメシリーズ「まいっちんぐマチコ先生」記事全文

6位~10位

6位 【エンタがビタミン♪】「価格を1桁見間違えた!」北野武監督が『アウトレイジ』を執筆した意外なきっかけ。
7位 44才のダニエル・クレイグ、もう「007」ボンド役は無理?
8位 富野由悠季、新作『009』を辛口評価「原作漫画を知っているから59.99…点」
9位 パニック!ファミリー向けアニメ「マダガスカル3」と「パラノーマル・アクティビティ4」を間違えて上映!
10位 役作りで過激な肉体改造を実現した俳優11人

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会