体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xperia Uでも「スモールアプリ」機能が利用可能、実際に試してみた

Xperia T/TXに搭載されている「スモールアプリ」機能を、非対応のXperia Uでも利用できるようにする方法がXDA Developersで紹介されていました。スモールアプリはメモやボイスレコーダーなどのツールを小窓で常に最前面に表示させる機能で、タブレットではSony Tablet SやXperia Tablet Sに搭載されています。XDAで紹介されている方法を実施することで、ホームボタンを長押しすると表示される「起動アプリ履歴」画面がSony Mobile独自のものに変わり、その画面の下にスモールアプリ対応のツールが表示されるようになります。現時点で利用できるスモールアプリ対応ツールは、タイマー、レコーダー、ノート、ミラー(フロントカメラを手鏡替わりにする)、単位変換、通貨変換、電卓の7種類。Xperia Uの画面サイズは3.5インチと小さいのですが、スモールアプリ対応ツールはシンプルなものが多いので、小さな画面だと使いづらいという感じはなく、Xperia Uでも使えるなと思いました。、1. XDAのスレッドから、「Small Apps Part 0」、「Small Apps Part 1」、「Small Apps Part 2」、「Small Apps Part 3」の4つのZIPファイルをダウンロードし、すべてをXperia Uの内蔵ストレージ(/sdcard直下)にコピー。以下はスモールアプリの導入手順です。導入するにはClockworkModリカバリを予め導入しておく必要があります。2. Xperia UのClockworkModリカバリで起動。3. 「1.」でコピーしたもののうち、「Small Apps Part 0」だけをZIPフラッシュメニューからインストール。その後、Xperia Uを再起動。4. 起動が完了した後、再度、ClockworkModリカバリを起動します。画面下部にはオンスクリーンボタンが表示されますが気にせず再起動します。5. ClockworkModリカバリのZIPフラッシュメニューから、残りのPart 1、2、3を順にインストール。その後、再起動。以上で完了です。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
LG、同社の公式サイトで「Nexus 4(LG-E960)」のクイックスタートガイドを公開、本体デザインや各部位の名称などが明らかに
HTC、「HTC One X」のAndroid 4.1(Jelly Bean)・Sense 4+アップデートを開始
まもなく発表されるNexus 10の実物画像や主要スペック情報が流出

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。