体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Androidを搭載した最新のWALKMAN「ウォークマン F」と最新の「iPod touch」「iPod nano」を比較してみた【レビュー】

20日に発売されたばかりのソニー製「WALKMAN」の最新モデル「ウォークマン Fシリーズ」はAndroid 4.0搭載し、音楽プレーヤーとしてだけではなく、動画やWebの閲覧、メール、ナビ、Facebook、Twitterなどさまざまなアプリを使ってスマートフォンライクに利用ができるプロダクトです。

前回は開封レポをお届けしましたが、今回は、実質の対抗商品となるアップル製の「iPod touch」と外観を中心に比較してみました!

121026_wm_ipod_02_960

第5世代のiPod touch(左)とウォークマン F(右)

121026_wm_ipod_03_960

背面比較。左がiPod touch、右がウォークマン

121026_wm_ipod_04_960

厚みの比較。左がiPod touch、右がウォークマン
まずは、一足先の9日に発売された第5世代のiPod touchと比較してみました。ウォークマン Fは、約3.5インチのタッチパネルディスプレイを搭載しています。一方、最新のiPod touchは約4インチのディスプレイを搭載しています。このことから、高さはiPod touchの方が明らかに大きいです。しかし、厚みを比較すると、若干ウォークマン Fの方が厚くなっていて、iPod touchの薄さが際立ちます。

ちなみにiPod touchは、高さ123.4mm×幅58.6mm×厚さ6.1mm、重量が約88gです。ウォークマン Fは、高さ約114.6mm×幅約56.8mm×約8.9mm、重量が約100gとなっており、実際の見た目や重量感は数値に合致している印象です。

ミュージックプレーヤーとしてある程度小さいサイズを好む方であればウォークマン Fの方がいいかもしれません。また、女性の手にも収まりやすいという点でもウォークマン Fをおすすめしたいです。

121026_wm_ipod_05_960

第4世代のiPod touch(左)とウォークマン F(右)
一つ前のモデルとなる第4世代のiPod touchとも比較してみました。こちらは、全体的にウォークマン Fの方が若干大きく感じます。第4世代のiPod touchは約3.5インチのディスプレイだったので、ウォークマン Fの方がディスプレイも若干大きくなっています。

121026_wm_ipod_06_960

左からiPod nano(第7世代)、iPod touchの第4世代と第5世代、ウォークマン F
最新のiPod nanoとなる第7世代のiPod nanoを含めた4機種を並べてみました。第5世代のiPod touchが一際大きく見えますね。

121026_wm_ipod_07_960

上からウォークマン F、第4世代iPod touch、第5世代iPod touch
充電やパソコンに接続する際に利用する端子の比較です。ウォークマンはこれまで通りの形状となる「WM-PORT(ダブリューエムポート)」を採用しています。これまでのウォークマンと互換性があるので、買い替えなどの際も充電ケーブルやWM-PORTに対応したスピーカーなどを利用している場合も基本的にはそのまま利用ができます。

一方で、iPhone 5と同様に、今回から極小サイズのコネクタ「Lightningコネクタ」を採用した第5世代iPod touchと、第7世代のiPod nanoと、Dockコネクタを搭載した第4世代iPod touchではそのコネクタのサイズが大きく異なるのが分かります。

サイズ的には大きい順にDockコネクタ、WM-PORT、Lightningコネクタとなります。

121026_wm_ipod_08_960

左からLightning用ケーブル、WM-PORT用ケーブル、Dock用ケーブル

121026_wm_ipod_09_960

同じく、斜めからの比較
それぞれのコネクタに対応したケーブルも比較してみました。大きさは一見して分かるように異なります。また、それぞれの商品には、ケーブルが同梱されていますし、別途ケーブルだけ購入することも可能です。

121026_wm_ipod_10_960

EarPods(左)とウォークマンに同梱しているヘッドホン(右)

121026_wm_ipod_11_960

EarPods(左)とウォークマンに同梱しているヘッドホン(右)

121026_wm_ipod_12_960

同じくジャック部分の比較
今回から同梱のイヤホンも変更となったiPodの「EarPods」との比較です。ウォークマン Fシリーズに同梱されているヘッドホンはノイズキャンセリングに対応し、本体の3.5mmイヤホンジャックに差し込んだ際にWM-PORTを塞ぐキャップを装着しています。また、ウォークマンには、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズのイヤーピースがそれぞれ2個1組同梱しています。

ジャック部分はどちらも同じなので、サイズや形状は変わりませんが、EarPodsがシルバー、ウォークマンのヘッドホンがゴールドになっています。

記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)

関連記事
新しいウォークマンはエレガントで高級感!クールビューティーなお姫様!【開封レポート】
ソニー、Android 4.0搭載「“ウォークマン” Fシリーズ」を10月20日に発売!
西野カナも大喜びのソニーの新作WALKMANをチェック【発表会レポート】
関連リンク
NW-F800シリーズ | ウォークマン | ソニー

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

Androidを搭載した最新のWALKMAN「ウォークマン F」と最新の「iPod touch」「iPod nano」を比較してみた【レビュー】
機動性・堅牢性を追求したハイスペックなアイテム!パナソニックのミラーレス一眼デジカメ「DMC-GH3」
これぞチャイニーズビューティ!控えめな笑顔がかわいい徐 雯倩さん【プロが撮影する美女撮影テクニック】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7084083/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。