体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もし結婚相手に「親と同居してくれ」と言われたら?

夫の両親と一緒に暮らす、いわゆる“同居”。独女にとって、それはどんなイメージだろうか? 煩わしい(と思われる)嫁姑関係、二人きりではない新婚生活など、ほとんどの人が「できれば避けたい」のが自然ではないかと思う。
ちなみに厚生労働省による平成22年度調査「世帯構造別にみた世帯数の構成割合の年次推移」によると「夫婦のみ世帯」の割合22.6%で「夫婦と未婚の子のみの世帯」が30.7%に対し、親世代と息子世代、さらにはその子供が同居する「三世代世帯」は7.9%。現代社会ではやはり同居は少数派だ。

しかし、住宅業界では今後「息子世帯と親世帯の二世帯はもちろん、それに加えて未婚の娘や息子も同居する“2.5世帯同居”も増えていくだろう」というのが大方の予想だという。

その理由は若い世代の経済状況と、親世代である団塊世代の経済状況。若い世代は長引く不況で経済的にも不安を抱え共働きを望む傾向にあるが、その一方で親世代は優遇された年金制度に守られ、経済的にも余裕がある。そんな彼らが同居することで経済的にはもちろん、家事や育児支援という意味でも働く主婦の強い味方となるのだ。

そういった事情により、思わぬ形で「同居」という選択を迫られる既婚女性は今後も増えていくのではないか。独女も結婚後、このような事態になったとしたら……。

「今まさに、夫の両親から同居を持ちかけられている」と語るのは、結婚8年目のありささん(33歳)。
「今住んでいるのは賃貸で、子供も大きくなるので新しい家を探そうと思っていたら『一緒に暮らして土地を継いでほしい』と言われました。これまでそんなことまったく言わなかったから、まさに青天の霹靂! でもやっぱり嫌ですね。うちはもともとそれほど夫の両親と仲がいいというわけでもなかったし。コミュニケーションがうまくとれていないからこそ、これまで彼らが同居を考えていたことが伝わらなかったわけだから」

しかし、今後どうなるかは「五分五分」とありささんは言う。
「夫のスタンスは基本私任せ。私は嫌だけど、その根拠は所詮『嫌なものは嫌』という感情的なものだから。それで納得してもらえるかは微妙だと思う」

では実際に同居している女性はどう感じているのだろうか? そこで現在結婚4年目で同居2年目という美佐江さん(30歳)に話を聞いてみることに。
「新築のマイホームにマイカーが持てて、子供や夫に気兼ねなく仕事ができる。今の暮らしができるのは、間違いなく夫の両親と同居しているおかげですね」

 新婚当初は夫と賃貸アパートに2人で暮らしていたそうだが、子供ができた時に備えてマイホームを検討しているタイミングで、夫側の両親から「同居しないか?」と持ちかけられたという。

「最初は『冗談じゃない』という気持ちでしたよ。でも家の費用は半分出してくれるというし、設計は台所やトイレも別の完全二世帯。子供ができても仕事を続けることを考えると、やはり育児を手助けしてくれる人がいたほうがいいのかもって思ったんです。嫁姑関係? まあ……大変な部分もそりゃありますけどね」

美佐江さんの話にあった途中の「……」が気になるが、それでも「子供が急に熱を出したときは『同居でよかった』と思いますよ。やっぱり子供のためにはいいこと」と、今の生活を変える気はない。

夫の両親との同居。現実問題としてやはり大変な部分があるのは否定できない。インターネットの人生相談サイトをのぞいてみると、同居に関する「耐えられない」「やめたい」「つらい」といった悩み相談はそれこそ数限りなく存在している。
 
しかし、経済的事情や病気などでやむを得ず同居をしなくてはいけない事情はどんな夫婦でも起こりうる。それが日本の現状なのだ。結婚するということはやはり、そこまでの覚悟が必要だということを、独女は知っておいたほうがいいかもしれない(橋口まどか)

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

【オトナ女子読書部】 女の自立は無駄! 時代錯誤オヤジが説く超保守的恋愛マニュアル『30歳から成功する恋愛』
もし結婚相手に「親と同居してくれ」と言われたら?
働く女に多い「了解」メールを男子はこう見る

(http://news.livedoor.com/article/detail/7082149/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会