体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ニーア ゲジュタルト(レプリカント)』のディレクター横尾太郎さんの「ゲーム業界かるた」が話題に!

2010年4月に発売された『ニーア ゲシュタルト(Xbox 360)』と『ニーア レプリカント』のディレクターを務める横尾太郎さん。過去にはガジェット通信のゲーム生放送にもレギュラーとして出演して頂いたことがあり、親交が深い方である。過去には『ドラッグオンドラグーン』シリーズを手がけ異質な作品を世に送り出すことで話題になっている。横尾太郎さんのことをもっと知りたい方は過去のガジェット通信のインタビューをご覧いただきたい。

そんな横尾太郎さんがゲーム業界をかるたにしたのだ。「あ」からはじまり50音最後の「ん」ゲーム業界のあるあるネタを『Twitter』に投稿している。「#ゲーム業界かるた」というハッシュタグが付けられており、選別して見ることができる。また既に『togetter』にまとめられているのでそちらで閲覧すると楽だろう。

そんな中から選りすぐりのものをこの場で紹介したいと思う。

・い「インタビューに着ていく服が普段着過ぎる」
・う「美しすぎる広報さん(ただし開発との接触はゼロ)」
・き「キャラデザがイケてない事を口に出せない空気」
・こ「今度一緒にお仕事出来たらいいですね!という社交辞令」
・ち「ちやほやされる一部のクリエイターと大勢の奴隷」
・て「TGSは同窓会」
・ぬ「ヌルヌルが褒め言葉なのはAVとゲーム業界だけ」
・む「娘に今作っているゲームを見せられない」
・ね「寝てないわ~2時間しか寝てないわ~」
・ん「ん?Twitter なんかやってないで仕事してくださいよ?」

このようにゲーム業界のあるあるな出来事を「ゲーム業界かるた」として『Twitter』に投稿しているのである。ここまで書けるのはゲーム業界人ならでは。そんな横尾太郎さんの作るゲームはコア受けするので、是非最新作にも期待したいところである。常識破りな発想でゲーマーの度肝を抜いてくれるはず!

横尾太郎さんは普段からこんなこと思ってるのかな……。

横尾太郎に貰ったサイン

ヨコオタロウのゲーム業界かるた(togetter)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会