体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タワー渋谷店スタッフ絶賛! 女性シンガー南壽あさ子新作が〈タワレコメン〉に

 

 

優しいタッチのピアノと伸びやかで透明感のある歌声、そして自身の作詞/作曲によるどこか懐かしさと郷愁の漂う楽曲で注目の女性シンガー・ソングライター、南壽(なす)あさ子。彼女のファースト・ミニ・アルバム『Landscape』が11月21日にリリースされる。

今年6月に発表され高い評価を獲得したシングル“フランネル”に続く本作は、タワーレコードでも渋谷店スタッフのプッシュによりオススメ・アイテム〈タワレコメン〉として全店で展開する1枚。前述の“フランネル”に加え、代表曲のひとつ“回遊魚の原風景”を再録音したヴァージョンなど計8曲が収録される。サウンド・プロデュースは、“フランネル”に続きYUKIや乃木坂46のアレンジなどを手掛ける湯浅篤が担当したほか、“あの人を待つ”には椎名林檎との仕事で知られるヴァイオリニストの斎藤ネコが、“メープルシロップ”にはパーカッショニストの山口ともが参加。南壽の魅力がたっぷりと詰め込まれた作品となっている。

なお彼女は、11月17日(土)に東京・吉祥寺曼荼羅にてファースト・ツアーのファイナルを実施。ほかにも各地でのライヴが予定されているので、気になる人はオフィシャルサイトにてチェックをどうぞ!

 

〈南壽あさ子 『Landscape』収録曲〉
1. 回遊魚の原風景
2. 雲の通り道
3. メープルシロップ
4. フランネル
5. あの人を待つ
6. 例え話
7. 冬の旅人
8. 歌うことだけ 

 

スタッフ推薦コメント

これぞテン年代の〈ニューミュージック〉! 若干23歳、ピアノ弾き語りでの精力的なライブ活動(「りんご音楽祭」、「MINAMI WHEEL 2012」等のフェスにも出演!)を続ける女性SSWのファースト・アルバム。初期のユーミン(荒井由実)にも通ずる〈翳り〉と〈透明感〉ある歌声。〈センチメンタル〉と〈ノスタルジー〉を多分に含んだ詞世界。そして繊細で美しい旋律は、まるで淡い水彩画のような風景を描き出す。今作には山口とも(パーカッション)、斎藤ネコ(ヴァイオリン)が参加し更なる彩りを与えている。 (タワーレコード渋谷店 須藤)

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会