体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新作映画が25円、トム・ハンクス出演「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」など6作品

期間限定25(ニコ)ポイントで動画が楽しめる!

 多くの映像・テキストコンテンツが楽しめるniconico内サービス「ニコニコチャンネル」ページ。その「映画・ドラマ」ジャンルでは、新作映画を25ポイント(=25円)で楽しむことができる期間限定のキャンペーンが実施されている。対象となっているタイトルは、トム・ハンクスやサンドラ・ブロックが出演する「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」など6作品。

 このキャンペーンはniconicoで見られる新作映画を対象に、通常時の視聴では300~400ポイント(=300~400円)が必要であるところを、1ヶ月の期間限定で25ポイントに割引するもの。「25」は、niconicoの「ニコ」とかかっているようだ。

 2012年10月25日現在のキャンペーン対象作品は、以下の通り。

・「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
・「ザ・ホークス/ハワード・ヒューズを売った男
・「ロシアン・ルーレット
・「ゴースト・ライター
・「J・エドガー
・「メカニック

◇関連サイト
・[ニコニコチャンネル]映画・ドラマ – ページ内にキャンペーン告知あり
http://ch.nicovideo.jp/menu/movie

(丹羽一臣)

【関連記事】
「大切な人を守ることが難しい世の中になった」 映画『KOTOKO』監督・塚本晋也インタビュー
アニメ『まどマギ』をもとにした作品が実写映画化 キュゥべえ役は夏野剛
震災後の「後ろめたさ」から目を逸らしてはいけない 映画監督・森達也<インタビュー「3.11」第3回>
『映画けいおん!』出演の声優は、元「ボキャブラ」芸人だった
死刑存置の背景にはポピュリズムがある!? 映画監督・森達也が語る”日本人の同調性”

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。