体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上質感あり?クアッドコアCPU+2GBメモリー搭載のau向けハイスペックスマホ「Optimus G LGL21」の箱の外観をチェック【レビュー】

上質感あり?クアッドコアCPU+2GBメモリー搭載のau向けハイスペックスマホ「Optimus G LGL21」の箱の外観をチェック【レビュー】


なかなかの上質感!
11月2日、au(KDDI・沖縄セルラー電話)のLTEサービス「4G LTE」対応スマートフォンのひとつとして登場するLG Electronics製の「Optimus G LGL21」。同日発売の機種群の中では唯一のクアッドコアCPU、2GBのシステムメモリー(RAM)を搭載するハイスペックモデルです。

筆者は、機会に恵まれ、LGL21を発売前に借用することができましたので、数回に渡ってレビューしていきます。第1回は“箱”の外観をチェックします!

上質感あり?クアッドコアCPU+2GBメモリー搭載のau向けハイスペックスマホ「Optimus G LGL21」の箱の外観をチェック【レビュー】

箱の外装正面
箱は、結構きれいな包みの中に入っています。包みの正面と背面の中心には「LG Optimus G LGL21」のロゴが凜然と輝いています。左上・右下の対角にはそれぞれauと4G LTEのロゴが入っています。「これは4G LTE端末だよ!」とアピールしている感じです。

上質感あり?クアッドコアCPU+2GBメモリー搭載のau向けハイスペックスマホ「Optimus G LGL21」の箱の外観をチェック【レビュー】 上質感あり?クアッドコアCPU+2GBメモリー搭載のau向けハイスペックスマホ「Optimus G LGL21」の箱の外観をチェック【レビュー】

外装側面の表示
どちらが左でどちらが右なのか分からないので、まとめて外装の側面を。片方には、同梱物や発売元等が書いてあります。これによると、同梱品は…

・ 携帯電話本体
・ 電池パック
・ 取扱説明書
・ 設定ガイド
・ 卓上ホルダ
・ LG Tag+(試供品)
だそうです。個人的に一番試したかったのはLG Tag+なのですが、今回お借りしたパッケージには、本体と電池パック以外の同梱品がなかったので試せません。 機会があったら試したいので、ちょっと貸し主と交渉しているところではあります。上手く行ったら、レビューしますので、お楽しみに!

個人的には本体で使えるUIMカード(au ICカード)の種類が書かれているのが新鮮です。機種によって使えるUIMカード違いますからね…

もう片方の側面にはスペック等々がアイコン表示されています。ここは、発売前のものであるせいか、国内仕様と若干異なる部分があります。例えば、国内仕様では、液晶ディスプレイが通常のIPS液晶なのですが、この外装では「IPS+液晶」になってしまっています。また、国内仕様ではおサイフケータイ(モバイルFeliCa)も搭載しているのですが、それも書いてありません。恐らく、製品版ではこの辺も訂正されていると思われます。

上質感あり?クアッドコアCPU+2GBメモリー搭載のau向けハイスペックスマホ「Optimus G LGL21」の箱の外観をチェック【レビュー】

箱の中から箱…!
同梱品が入っている箱は、外装のへこんでいる部分をつまんで取り出すようになっています。

上質感あり?クアッドコアCPU+2GBメモリー搭載のau向けハイスペックスマホ「Optimus G LGL21」の箱の外観をチェック【レビュー】

箱の天面には、カラーとキャリア内での製品コード(LGL21SWA)、JANコードとUIMカードの種別が書かれています。

上質感あり?クアッドコアCPU+2GBメモリー搭載のau向けハイスペックスマホ「Optimus G LGL21」の箱の外観をチェック【レビュー】

箱本体

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。