体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazon、日本向け『Kindleストア』に対応したAndroidアプリをリリース

昨日の発表通り、Amazonの電子書籍サービス『Kindleストア』が『Amazon.co.jp』内で開始されました。『Kindleストア』では、日本語の書籍やコミックが約5万冊以上、さらに洋書140万冊以上、合計145万冊以上の電子書籍が販売されており、ウェブブラウザ、『Kindleリーダー』、Android/iOS向けアプリから購入して読むことができます。

Androidでは、サービスの開始にあわせてリリースされた日本向けアプリを『Google Playストア』からインストールすることで電子書籍の購入や読書が可能になります。実際にはこれまで海外向けに提供されてきたアプリがアップデートされ、日本向けサービスにも対応したということになっています。Androidアプリでは、購入した電子書籍を管理することや読むことはもちろん、『Kindleストア』にアクセスする機能も組み込まれており、「ストア」タブから『Kindleストア』(モバイルサイト)を表示し、Amazonアカウントでログインすることで書籍を検索・購入することができます。

Amazonのサービスでは「Whispersync」と呼ばれる技術によって、読むのを中断したページ情報が他の端末に同期され、別の端末で続きから読み始めることが簡単にできます。ブックマークやメモ、ハイライトといった情報も同様に他の全ての端末と同期されます。外出中、スマートフォンで読んだ続きを、自宅ではタブレットで読むということも簡単にできます。『Kindle』(Google Playストア)
Source : Amazon.co.jp



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版Flipboardがv1.9.7にアップデート、フィード上でオーディオの再生が可能に、SoundCloudにも対応
Samsung GT-I9260”Superior”の実物画像が流出
小米科技(Xiaomi)、クアッドコアCPU搭載の自社開発スマートフォン「MI Two」を10月26日より発売開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会