体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家族のアカウントをコレひとつで管理!Dropboxと連携できるLAN接続ハードディスク

家族のアカウントをコレひとつで管理!Dropboxと連携できるLAN接続ハードディスク

フィルムからデジタルに移行したことで、写真撮影の中心に躍り出たデジタルカメラだが、最近ではスマートフォンやタブレット端末にその座を脅かされている。

写真がデジタル化し、スマートフォンなどでも利用されるようになって大きくかわったのが写真の保管や受け渡しにクラウドなどのネットを利用するようになったことだろう。

「Dropbox」は、写真やムービー、テキストを手軽にクラウドに保存できる便利さから多くのユーザに利用されているサービスだ。しかし、そんなDropboxにも弱点はある。個人だけで使っていれば便利なDropboxだが、ほかの仕事仲間や友人、家族と写真データをやりとりするのは、共有リンク機能だけでは面倒だし不便だ。またハードディスクにバックアップするのも、個人毎に別に用意しなければならないも不経済だ。

Dropboxをもっと、仕事仲間や家族間で有効に使いたいという人にお勧めなのが、アイ・オー・データ機器の高速LAN 接続型ハードディスク「HDL-Aシリーズ」だ。このハードディスクは、ネットワークバックアップ機能が利用できるだけでなく、複数のDropboxアカウントを共有できるという優れものなのだ。

つまり、コレ1台あれば、仕事仲間のデータも家族のデータもまるっと共有管理ができるのだ。

まずは、どれくらい便利に使えるかをチェックしてみた。

■Dropbox連携で生まれ変わった「HDL-Aシリーズ」
「HDL-Aシリーズ」は高速・高機能なLAN接続ハードディスク、自宅の複数のパソコンで快適にファイルを保存し共有することができる。また外出先からのアクセスやデータのバックアップ機能も搭載、家族写真をはじめとした大切なデジタルデータを保存しておくのにぴったりな1台だ。
さらに本製品には前述した複数のDropboxアカウントとの連携機能があり、クラウド時代にふさわしいファイル共有スタイルを実現することができる。
家族のアカウントをコレひとつで管理!Dropboxと連携できるLAN接続ハードディスクアイ・オー・データ機器の超高速LAN 接続型ハードディスク「HDL-Aシリーズ」
家族のアカウントをコレひとつで管理!Dropboxと連携できるLAN接続ハードディスクLAN 接続型ハードディスク「HDL-Aシリーズ」本体と同梱品

■Dropbox連携で、なにができる?
Dropbox連携は、LAN DISKの指定フォルダをDropboxと同期させることができる機能だ。

自宅または社内でLAN DISKに保存しておいたファイルを、外出先でもスマートフォンから閲覧したり、パソコン上にファイルを持ち出したりして編集することが可能だ。

■自宅のハードディスクがDropboxとカンタン同期
早速、使い勝手をレポートしよう。

ステップ1:「HDL-Aシリーズ」を設置する
まずは、「HDL-Aシリーズ」を自宅のルーターにLANケーブルで接続する。
家族のアカウントをコレひとつで管理!Dropboxと連携できるLAN接続ハードディスク「HDL-Aシリーズ」を自宅の無線LANルーターにLANケーブルで接続する。
ステップ2:「HDL-Aシリーズ」を設定する
添付のCD-ROMをパソコンにセットしたら、セットアッププログラムに従って、ネットワークデバイス設定ユーティリティ「Magical Finder」をクリックする。「Magical Finder」を起動すると、画面の指示に従っていくだけで、「HDL-Aシリーズ」が自動的に認識される。

ステップ3:Dropboxとの同期を有効にする
1.「Magical Finder」を起動したら、[ 詳細設定] から、[ 共有] タブをクリックし、設定を変更する共有フォルダーの[ 変更] をクリックする。
家族のアカウントをコレひとつで管理!Dropboxと連携できるLAN接続ハードディスク

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会