体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

杏野はるなの「レトロゲームがあんのッッ!」――プロ野球ファミリースタジアム

杏野はるなの「レトロゲームがあんのッッ!」――プロ野球ファミリースタジアム

プロ野球ファミリースタジアム

野球のルールは難しい……。そう思っていた時期がはるなにもありました。実はこのファミスタをやりこむまで恥ずかしながら全くといっていいほど野球のルールを知らなかったのです。正直、それまでどれくらいルールを知っていたかと申しますと……真ん中にいる人がボールを投げてくるからバットで打つ。どうしてその後にみんな走るのかが分からない。そんなレベルでした。しかししかし、このファミスタをプレイすればするほど野球の魅力にモリモリと引き込まれる事になるのでありました。

杏野はるなの「レトロゲームがあんのッッ!」――プロ野球ファミリースタジアム

さてこのファミスタ、私のお気に入り球団はナムコスターズとライオネルズの2球団。ナムコスターズでは、ぴの選手を1番にささっと組み込み、その俊足でかき回しつつ、ぱっく選手で一発長打を狙うのだ。と、ここでちょっと脱線。このナムコスターズぴの選手の元ネタ、結構知らない方も多いのではないでしょうか? 答えはナムコのアーケードゲーム、トイポップの主人公さんなのであります。

このファミスタですが私は事務所を勝手に杏野はるな球場と名付けて、色々な方をお呼びして遊んでいます。面白いのはファミスタをみんなでやっていると自然に誰かが解説実況を始めている……。このみんなの空気がたまらなく素敵で面白い。もちろん実況までコンピュータがやってくれる最近のリアルな野球ゲームも素敵ですが、本当に最低限の完成されたシステムを持つこのファミリースタジアムで友達と遊ぶのも本当に楽しい。ファミスタはきっといつの時代になっても人と人の関係をつないでくれるコミュニケーションツール的作品だと思います。ちなみに私が個人的な最優秀選手は……、ライオネルズのいしげ。

杏野はるなの「レトロゲームがあんのッッ!」――プロ野球ファミリースタジアム

機種:ファミリーコンピュータ

タイトル:プロ野球ファミリースタジアム

発売年:1986年

メーカー:ナムコ

価格:3,900円

※メーカーおよび価格は当時のものです。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「annoharuna」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

杏野はるなの記事一覧をみる

記者:

ゲームアイドルです。レトロゲームが大好き! 映画もLDを集めています。最近ガンプラ制作にも夢中。 She is Japanese female talent. It is detailed in an old game. It http://www.eggcore.jp/

ウェブサイト: http://www.eggcore.jp/

TwitterID: annoharuna

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。