体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日産の無茶振り? たった1回しか放映されないCMでも全力で笑いを取る“謎バカリ”芸人 バカリズムにインタビュー

バカリズム

毎週土曜に1局で1回だけ放映、しかも視聴者の選択でストーリーが変わり、選ばれなかったストーリーは収録してもお蔵入りで日の目を見ることがない――そんなムダにお金がかかったドラマ調CM『日産ドラマ in ドラマ』がフジテレビのドラマ『高校入試』で放映中。CM主演の芸人バカリズムさんが、そんな日産の無茶振りにも毎回全力でシュールな笑いを届けています。

バカリズムさんといえば、巧みに言葉を操り、思わずクスりと笑ってしまうネタで大人気。特に大喜利を得意とし、私たちでは思いつかない様な発想の数々をテレビ番組やライブで披露してくれます。一方、俳優や脚本家としても活躍中のバカリズムさん。『日産ドラマinドラマ』では、自分の名前も年齢も職業も全く覚えていない謎の男を演じています。

謎の男は気付くと女が運転する日産『NOTE』の助手席に。女は自分を「先生」と呼び、どうやら自分は学校の先生である様だが、全く記憶が戻ってこない。女はそんな男を心配し、記憶が戻る様に次々と質問をしてきます。「ローマ帝国が滅んだ理由は?」そして男が口を開き……。

暗闇をただひたすら走る車、記憶がない男、険しい表情の女。ミステリーテイストでまるでショートムービーの様な雰囲気ですが、男が口にする回答は大喜利そのもの。真顔で答えるシュールな言葉の数々はまさにバカリズム・ワールドです。

日産ドラマinドラマ

この『日産ドラマinドラマ』は、現在放映中のドラマ『高校入試』内で見ることができるオリジナルドラマCM。他の番組では絶対に観る事のできない貴重なCMで、「バカリズムの未来を決めるのはあなた」をキャチフレーズに、視聴者の選択によって男の運命が決まるという、若干おかしなシステムも話題を呼んでいます。

今回はバカリズムさんご本人に、CMに出演しての感想やちょっと変わった“リラックス場所”などお話を伺いました!

――バカリズムさんは『日産ドラマinドラマ』の中で記憶がないという謎多き人物を演じていますが、バカリズムさんご自身もミステリアスで“謎バカリ”なイメージがあります。

バカリズムさん(以下、バカリズム):そうですか? そんなイメージありますか? 僕の中では自分は全くミステリアスな部分はないと思っています。「何を考えているか分からない」様に見えるのは、本当に何も考えていないからかもしれませんよ。

――いえいえ。いつも大喜利など拝見していて、どうやったらそんな発想が出てくるのだろうと感動してしまいます。

バカリズム:大喜利の回答はすぐにひらめいて思いつく時と、割とじっくり考えてしまう時があるのですが、ウケたり、自分で後から見て納得できるのはひらめいた時の答えですね。やっぱり人間、直感が大切なのかも。

――今回の『日産ドラマinドラマ』でも、女から問いかけられる質問にバカリズムさんらしい回答を繰り広げていますね。

バカリズム:このCMは、シチュエーションだけが与えられて、現場で実際に答えを考えるという撮影だったのでとても楽しかったです。普通のCMよりも時間が長いということもあって、映像作品としても良い出来だなぁって思いましたね。

――「バカリズムの未来を決めるのはあなた」というテーマで、ユーザーの選択によって展開が変わっていくのが斬新でした。

バカリズム:そうなんです。質問が2つあって、両方のパターンは収録しているのですが、実際にお披露目となるのは1つだけということで。あー、選ばれなかった方が面白かったのに……。何て思ったり。いや、本当にお蔵入りになった方の映像はね、爆笑モノなんですけどね。

――そのお蔵入りになった映像がお披露目になることを楽しみにしています。記憶がない男なのに、日産『NOTE』の事だけは異常に詳しいという設定も個性的でした。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。