体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドライブやお散歩をスクラップブックにしてシェアできるiPhone『Drive Scrapbook』アプリレビュー

ドライブやお散歩をスクラップブックにしてシェアできるiPhone『Drive Scrapbook』アプリレビュー

スマートフォンを使うようになって、お出かけ中に撮った写真をSNSで気軽にシェアできるようになったけど、バラバラに写真をアップしていくのは味気ないと思ったことはありませんか? お出かけのルートと複数の写真を1枚のスクラップブック画像にまとめて、友だちにシェアしたり思い出に残せるiPhoneアプリが『Drive Scrapbook』。週末の娘とのお出かけで使ってみました。

このアプリを作ったのは、スバルでおなじみ富士重工業。ドライブ用のアプリですが、実は電車やバスでの移動、お散歩でも使えるのです。まず、IKEA新三郷へドライブに行く際に使ってみます。

浅草からドライブをスタート

浅草からドライブをスタート。アプリを起動して「ドライブ スタート」のボタンをタップすると、GPSで位置情報を取得しながらドライブルートを記録してくれます。

高速に乗ってからパーキングエリアに立ち寄り、アプリのカメラボタンをタップして写真を撮影。渋滞してきて眠ってしまった娘を撮影したりして、ドライブの記録がどんどん蓄積されていきます。カメラで注意したいのは、スクラップブックには正方形の写真を配置するため、カメラの画角も正方形になっていること。いつものカメラアプリによる撮影とは勝手が違うので、正方形を意識して構図を決めましょう。

アプリから『Facebook』にチェックインする機能も

やがて車はIKEA新三郷に到着。アプリから『Facebook』に現在地をチェックインする機能も利用できます。店内を回ったりお昼を食べて写真を撮ったところでドライブを終了。アプリで「ドライブを終了」をタップすると、その場でスクラップブックを作るか、ルートを保存して後でスクラップブックを作るか選択できます。今回は後から作ってみることにしました。

テンプレート、ルート、写真を選んでスクラップブックを作成

スクラップブックの作成はとてもカンタン。4種類あるテンプレートから1種類を選び、保存したドライブルートを選択。写真を5枚までテンプレートに配置できるので写真を選び、その後大きく表示するベストショットを選択。スクラップブックの名前を入力して完了です。

作成したスクラップブックが1枚目の画像なのですが、ドライブルートに撮影場所やチェックインしたポイントが表示され、各ポイントの写真を配置したきれいなスクラップブックになりました。

雷門からお散歩スタート

翌日、今度は浅草の雷門から浅草寺をお散歩するときに利用してみました。雷門の前でアプリを起動し、徒歩だけど「ドライブ スタート」。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。