体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Mobileの2013年モデル”C1605”は「Xperia E Dual」

Sony MobileのXperiaスマートフォン新モデルとみられる「Xperia E Dual C1605」がインドネシアの認証機関の認証データベース上で見つかりました。Xperia E Dualは、そのモデル番号(C1605)が昨年までのLT/MT/STの規則のものから変更されていることから2013年モデルと予想されています、”Dual”はデュアルSIMモデルであることを意味すると推測されます。”Dual”の付く機種が存在するということは、”Dual”の付かない「Xperia E」も存在するはず。ベンチマークアプリの公式サイトやSony Mobileが公開したUAProfの情報によると、C1605は解像度480×320ピクセルのディスプレイ、Cortex-A5 1GHz CPUとAdreno 200 GPU、Android 4.0以上を搭載します。CPUとGPUからプロセッサはSnapdragon S1 MSM7225AあるいはMSM7227Aと推測できます。Source : POSTEL



(juggly.cn)記事関連リンク
Expansys Japan、iPad miniと4代目iPadの取扱いを発表(プレスリリース)
Sony、Xperia Tablet S国内版に対してAndroid 4.0.3(release6)へのアップデートを配信開始、ドックスピーカーに対応など
Sony Mobile、撮影した動画からライブ壁紙が作成できるAndroidアプリ「Xperia Motion Snap」を公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。