体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ECMを代表する人気ピアノ・トリオ、マルチン・ヴァシレフキ・トリオの初来日公演が決定

ECMレーベルのピアノ・トリオの中でも、いまや屈指の人気を誇るマルチン・ヴァシレフスキ・トリオの初来日公演が11/6(火)に白寿ホールで行われることが決定した。

マルチン・ヴァシレフスキ、 スワヴォミル・クルキェヴィチ、 ミハウ・ミシキェヴィチの3人はともにポーランド出身。同郷の巨匠トランペッター、トーマス・スタンコのグループで活動しながら、これまでにECMから3枚のアルバムを発表している。若手ながらECMを代表するピアノ・トリオになりつつある彼らだけに、ジャズファンには見逃せない公演になりそうだ。

なお、本公演ではオノ・セイゲンが音響空間デザインとPAを担当することも発表されている。スピーカー・システム(ECLIPSE TD712z)を10本持ち込み、通常はPAシステムを使用しないクラッシック・ホールにおける「良い音」の定義を一段アップグレードすることを目論む、とのこと。7月に白寿ホールで行われた加藤訓子(マリンバ)のコンサートでもオノは同システムを使用して高い評判を得ている。音響面においても非常に大きな注目を浴びるコンサートになりそうだ。

(SONG X LIVE 009) POLAND X JAZZ vol.1〜マルチン・ヴァシレフスキ・トリオ来日公演

日時:11/6(火)19:30開演
会場:白寿ホール
http://www.songxjazz.com/news/2012/10/103.html

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。