体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「本気で三次元よりかわいい」 初音ミクら二次元キャラクターに魂を入れるMMD動画

すべての原点となった動画

 ネットを中心に人気を集めるボーカロイド「初音ミク」。今年10月上旬に東京国際フォーラムで開かれたIMF・世界銀行年次総会では、日本政府展示ギャラリーに等身大フィギュアが登場するなど、バーチャルアイドルの存在を超えた活躍をしている。そんな彼女を音楽に合わせてダンスさせることができるCGソフト「MMD(MikuMikuDance・ミクミクダンス)」をご存知だろうか。2008年に公開されて以降、このソフトを使って制作された動画が、次々と投稿されている。なかには累計再生数が200万を超えるものもあり、MMDは一つのジャンルを指すまでになっている。

 初音ミクや3Dアニメーションに興味がない人にとって、MMDは「何がすごいのかわからない」代物かもしれない。だが、一昔前のCGで描かれた3Dアニメを思い浮かべてほしい。莫大な制作費と高性能なパソコン、プロの技術が必要だった。それがフリーソフトMMDが登場したことによって、素人が普通のパソコンで簡単に、しかもほとんどお金をかけずに作ることができるようになったのだ。

■すべてはこの動画から始まった

 MMDの動画を紹介していこう。まずは、原点となった動画だ。投稿者はMMDを開発した樋口優さん。趣味でプログラミングをしているという樋口さんは2008年2月、できたばかりのMMDを紹介する動画をニコニコ動画に投稿した。この中では、ソフトの使い方がわかりやすく説明されている。これがきっかけとなって、MMD動画が爆発的に作られていく。つまり、すべてはこの動画から始まったのだ。ユーザーからは「ミクさんに愛を注ぐためのツール」「ニコ民栄誉賞ものだ」など、賞賛と感謝のコメントが寄せられている。

・3Dミクを躍らせるツールを自作してみた(説明前編)
http://blog.nicovideo.jp/award/2012/10/mmd.html#sm2420025

■職人たちが切磋琢磨する祭典「MMD杯」

 MMDが公開されて以降、有志によって作られた周辺ソフトが充実したこともあり、今ではミクに留まらず、いろんなキャラクターのモデルを使った動画や、ダンス以外の動作をさせる動画が登場している。また、モーションを作る人とキャラクター・モデルを作る人で合作するコラボレーションが活発であるなど「2次創作文化」のあらゆる要素が詰まった広がりに発展している。今年6月には、東京・六本木にあるニコファーレで、ボーカロイド「メグッポイド(通称:GUMI)」の発売3周年を記念して、MMDとAR(拡張現実)が融合したライブが行われている。

 動画の完成度を競う大会「MMD杯」が開催されるようにもなった。2008年から始まったMMD杯は、参加者がいくつかある課題テーマの中から、好きなものを1つ選び、動画を制作した上で、ニコニコ動画に一斉に公開するというもの。予選と本選の2回のラウンドに分かれており、それぞれの期間内にマイリスト登録数によって算出するポイントで順位が決められる。

 2010年夏に行われた第5回MMD杯本選(エントリー総数363)で、総合部門1位に輝いたのは6666さんによる「Bad AApple!!」。東方Projectの音楽をアレンジした曲「Bad Apple!! feat. nomico」をバックにしたアニメーションだ。白と黒の2色でくっきりと表現された影絵は、流れるように現れて消えていく。初音ミクのほか、モナーや釣られクマなど、一部ネット上でネタにされたキャラクターが次々と登場するので、元ネタは何だろうと考える面白さもある。この動画の元となった「【東方】Bad Apple!! PV【影絵】」と合わせて見ると楽しさが倍増するだろう。

・【第5回MMD杯本選】 Bad AApple!!
http://blog.nicovideo.jp/award/2012/10/mmd.html#sm11820316

 回を重ねるごとに、エントリー数や合計再生数が増えているMMD杯。動画のクオリティも上がっている。第7回本選に投稿された「Sweet Magicを魔法使いが踊ってくれました」も非常にクオリティが高いものとなっている。歌い手ろんさんが歌う楽曲「Sweet Magic」に合わせて、東方projectのキャラクター、アリスと魔理沙が踊る姿は評判を呼び、総合優勝を獲得した。ユーザーから「本気で三次元よりかわいい」「結婚したい」といったコメントが寄せられるほどだ。

・【第7回MMD杯本選】Sweet Magicを魔法使いが踊ってくれました
http://blog.nicovideo.jp/award/2012/10/mmd.html#sm15356096

 MMD杯では総合部門以外にも、様々な賞が設けられている。最後に紹介するのは、今年夏に行われた第9回MMD杯で、テーマ部門「ご利用は計画的に賞」と選考委員部門「弓月光賞」をダブル受賞した作品「ご注文の商品です【MMDドラマ】」だ。ミクや巡音ルカ、MEIKOなどのボーカロイド・キャラクターたちのほのぼのとした日常が舞台。ミクたちにはセリフを発しないが、活き活きとした表情やリアクションで感情が伝わってくる。

・【第9回MMD杯本選】ご注文の商品です【MMDドラマ】
http://blog.nicovideo.jp/award/2012/10/mmd.html#sm18636769

■第5回動画アワード

 さて、1年間に投稿された動画の中から、ユーザーの投票により高い評価を得たものを顕彰する「動画アワード」。今、ご紹介したMMDを駆使した作品も、これまで受賞するなど動画文化の盛り上げに一役買っている。今年の動画アワードは、2012年10月25日に開かれ、その模様はニコニコ生放送でも中継される。今回は、ニコニコ動画の全29カテゴリから、ユーザー投票で人気だった上位9カテゴリからノミネートがされている。その中から、番組内のユーザー投票でグランプリを決定するという流れだ。番組のメインコメンテーターとして手塚眞さん、司会は松嶋初音さん、ゲストコメンテーターとして、浅倉大介さん、吉木りささんらが登場する。

 また、各カテゴリのノミネート作品は10月22日と23日に分けて、「動画アワード2012」特設ページで紹介される。他のカテゴリのMVD(Most Valuable Douga・最も素晴らしい動画)は、生放送直前の24日から同特設ページにて順次発表される。MMD関連の動画もノミネートされている。ノミネートされているカテゴリは以下の通り。

<ノミネートカテゴリ>

・音楽
・ゲーム
・VOCALOID
・歌ってみた
・アニメ
・エンターテインメント
・東方
・ニコニコ技術部
・動物

◇関連サイト
・動画アワード2012 – 公式サイト
http://blog.nicovideo.jp/award/
・[ニコニコ生放送]【2012年10月25日21時~】第5回動画アワード – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv107535361?po=newsgetnews&ref=news

(山下真史)

【関連記事】
佐賀愛あふれる 動画「【実写版】ぼくのなつやすみ」<うp主インタビュー第5回>
マイルームから街角から、プロ顔負けのダンスを世界に発信~「踊ってみた」動画
和む! 癒される! ほっこりする! とにかくかわいい、天然の”天才役者”たち~動物動画
「とにかく何かを作りたい! 情熱が止まらないニコニコ動画の職人達」
「生きるとは、他の生命を奪うこと」サバイバル愛好家・カメ五郎が語る”自然ライフ動画”の極意<うp主インタビュー第3回>

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。