体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「小学生の頃は漫画家になりたいと思っていた」―『東京レイヴンズ』作者・あざの耕平さんインタビュー(3)

富士見ファンタジア文庫の人気ライトノベル『東京レイヴンズ』シリーズ。その最新巻である8巻が10月20日に発売された。

今回、発売された8巻はいよいよ物語が佳境に差し掛かる重要な巻となる。
家のしきたりによってずっと男として振る舞い続けてきた夏目だったが、ついに女だとバレてしまう。それ以来、好意を寄せていた京子は夏目たちを避け続けていた。その一方、春虎はシェイバとの激闘以来、自分の呪力を制御できずに不安定な状態に陥っていた。幾つもの不安を抱える春虎たちにさらなる事件が襲いかかり――。
さらになんと、この8巻の帯で、『東京レイヴンズ』の「アニメ化企画進行中」が発表された。詳細は未定だが、キャラクターたちやアクションシーンがアニメで見れることができるのだから期待は高まる。

今回は『東京レイヴンズ』作者のあざの耕平さんにロングインタビューを敢行。『東京レイヴンズ』の世界観についてお話を聞いた。本日は3回にわたるインタビューの最終回だ。
(聞き手/金井元貴)

■「小学生の頃は漫画家になりたいと思っていた」

―この8巻で、アニメ化企画が進行していることがついに発表されました。あざのさんにとっては『BLACK BLOOD BROTHERS』に続くアニメ化作品となるんですよね。

「そうですね」

―『東京レイヴンズ』は陰陽術を使ったバトルシーンが特徴的だと思いますが、そういったアクションシーンはすごくなりそうですね。

「うん、やっぱりアクションシーンは書いていてすごく好きなので、私も見てみたいですね。ただ、意外と絵にしてみると地味だったという風にならないか心配です。剣劇だったら双方から走ってきて剣を交えるみたいなシーンは派手でいいですが、『東京レイヴンズ』は動かず御札を使ったり、印を結んだりしていますからね。そこらへんは監督さんやスタッフさんに期待しています(笑)」

―アニメ化については今のところ、進行中ということのみが明かされているんですよね。

担当編集・加藤さん「そうですね」

「これから徐々に明らかになっていきますので、のんびり待っていただければと思います」

―アニメ化をはじめとしたメディアミックスに限らず、今後あざのさんは『東京レイヴンズ』シリーズをどう育てていきたいとお考えですか?

「メディア展開でどう育てていくか、というのは、私個人は作家の考えることではないと思っていますし、幸いにして優秀な編集者さんと、富士見ファンタジア文庫という編集部がついて下さっていますから(笑)」

担当編集・加藤さん「う、なんかすごいプレッシャーが(笑)」

「(笑)どう育てるのかはそちらに任せて、私は今まで通り、しっかりと物語を書いていけたらいいかなと思います」

―これから第一部クライマックス突入ということで、まだ長く続きそうですね。

「そうですね。でも、折り返し地点は過ぎたと思うので、ここからは物語を広げつつ、どうエンディングに向かっていくのかということに集中することになると思います」

―あざのさんの読書歴についてお話を聞きたいのですが、作品を書き始めるきっかけとなった本はあるのですか?

「昔からマンガや小説は好きですし、それこそ小学生の頃は漫画家になりたかったんですよ。まあ、将来、プロ野球選手になりたいというのと同じような感じですね(笑)。その後も、本は好きで読んでいたのですが、作家になりたいと思った直接のきっかけと聞かれるとちょっと難しいですね。気付いたら自分でも書いていたというほうが近いです。
私が学生の頃って、ちょうどライトノベルが世に出てきてドカッと火が付いた頃と重なるんです。例えばクラスの男子のほとんどは『ロードス島戦記』を読んでいましたし、その後に『スレイヤーズ』も流行しました。田舎だとみんなが読んでいるものが広まりやすいんですよ。そういった作品を読んでいるうちに憧れもありますし、自分でも書いてみようという気持ちになっていたというところですね」

―影響を受けた作家さん、作品はありますか?

「これは、ものすごくたくさんあるんですけど、特にあげるとしたら田中芳樹さんと栗本薫さんですね。栗本薫さんは『グイン・サーガ』も好きですし、『魔界水滸伝』や『伊集院大介』シリーズも好きです。田中芳樹さんの本は、当時は全部読んでいましたね」

―あざのさんが小説を書く理由についてお聞かせいただけますか?

「難しい質問ですけれど、そうですね…。とことん突き詰めていくと、多分自己満足じゃないかと思います。自分は結構勝手な作家ですから、読者のことももちろん考えつつ、でも、一番ギリギリのところでは自分の書きたいことを優先すると思います。そういう自覚があるから、読者の意見をより多く取り入れて話を作っていこうとは思っているのですが、書きたいことがあるときはやはり自分の意志を優先してしまいますね」

1 2次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会