体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10月29日のAndroid関連イベントで、Nexus 7 32GBの3G対応版やSamsungの10インチWQXGAディスプレイのタブレット“Manta”、LGの“Nexus 4”、Android 4.2(Jelly Bean)が発表されるというウワサ

今月29日にニューヨークで開催されるGoogle主催のAndroidイベントでは複数のデバイスとAndroidの新バージョンが発表されると、『The Next Web』がGoogleの計画を知る匿名人物からの情報として報じました。

同サイトはこの日発表されるデバイスについて3機種を挙げています。1機種は『Nexus 7』32GB。一部の小売店ではWi-Fi Onlyの32GBモデルが発売されていたりしますが、当日発表される32GBモデルはストレージ容量が増えただけではなく、3G HSPA+通信にも対応するものだそうです。台湾のNCCの認証を取得したことで存在が明らかとなった『ME370TG』のことだと思われます。

2機種目はSamsung製の10インチタブレット。同サイトは、GoogleとSamsungは10インチタブレットの開発で提携しており、内部的には“Manta”というコードネームのタブレットを開発していると述べています。“Manta”は、解像度2560×1600ピクセル、約300ppiの高精細ディスプレーとJelly Beanのアップデート版となるAndroid 4.2を搭載するそうです。すでにFCCの認証を取得した『GT-P81X0』がWQXGAの高精細ディスプレーと『Exynos 5 Dual』を搭載するとウワサされています。それかもしれません。

3機種目は、存在することはほぼ確定しているLGの『Nexus 4』。スペックについてこれまでの流出情報と同じ。4.7インチWXGA解像度のIPS液晶、Snapdragon S4 APQ8064 1.5GHzクアッドコア、2GB RAM、800万画素リアカメラ、130万画素フロントカメラ、2100mAhバッテリーを搭載。同サイトは内蔵ストレージの容量を16GBとしています。そして、OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)を搭載するそうです。

このAndroid 4.2(Jelly Bean)については、『Android Police』による流出ROMの分析によれば、ピンチズームやスワイプアクション対応の『Gmail』アプリや新デザインのギャラリー・カメラアプリを含み、通知バー上に“Quick Settings”機能が追加、セキュリティ機能はさらに強化され、マルチアカウント利用や保護者向けの管理機能も備えるとされています。同サイトよると、Android 4.2では上記のほかに、ウィジェット内から直接『Google Playストア』上のコンテンツにアクセスできる“Content in the center”機能や、マルチユーザ利用を実現する“Tablet Sharing”機能も追加されているという。
Source ; The Next Web



(juggly.cn)記事関連リンク
SonyのNFC対応Bluetoothスピーカー「SRS-BTV5」開封の儀
Sony Mobileの2013年モデルC650X "Odin"の画像が流出?
米Verizon向け5インチフルHDスマートフォン「HTC DLX(ADR6435LVW)」の実機画像がまた流出

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。