体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホより高画質な写真をすぐにメールやネットにアップロードできる「COOLPIX S800c」【女子が気になるコンデジ】



「女性が選ぶ女性のための家電」をテーマにする家電チャンネルの副編集長 西岡舞子(家電戦隊リーダー 家電ちゃんピンク)が女子が気になるコンパクトデジタルカメラ(以下、コンデジ)を女の子目線でチェックします。

ケータイやスマートフォンのカメラは使うけど、デジカメ自体を持ったことがないという女性も多いのではないでしょうか。今でこそ小型のミラーレス一眼の種類も増えてきましたが、やはり初めて購入する入門カメラとしてコンデジを選ぶ方もまだまだ多いかと思います。

コンデジは、カメラ本体が小さく軽く持ち歩くのも苦にならないだけではなく、価格の安さも魅力です。また、最近では、本体カラーも選べたり、防水や無線LANなど特別な機能を搭載したりと、楽しさも満載です。

女性が選ぶポイントはデザインと使いやすさです。種類が多すぎて、どれを選んでいいか分からない!といった声を聞くことも多く、購入する際の悩みになっています。そこで、家電ちゃんピンクの私が、女性が気になるコンデジをピックアップしてチェックしてみようと思います。

「女子が気になるコンデジ」シリーズ第1回は、ニコンから先月発売されたばかりの最新のコンデジ「COOLPIX S800c」を紹介します。

「COOLPIX S800c」は、2012年9月27日発売、本体価格はニコンの公式オンラインショップで47,800円です。

120920_coolpix_s800c_02_960

手のひらサイズの「COOLPIX S800c」

■カメラとスマホが合体!Twitterやfacebookも楽しめる「COOLPIX S800c」
COOLPIX S800cは、大きさが約111.4(幅)×60.0(高さ)×27.2(奥行き)mm、重さは約184gと、コンデジとしては普通の大きさ、重さですが、なんと中身はスマートフォンやタブレットと同じAndroid 2.3が入ったカメラなんです。液晶は3.5型ワイド有機ELモニター(タッチパネル)を採用していて、背面からみると3.5インチのスマートフォンのようにも見えます。

COOLPIX S800cは、無線LANを搭載してますので、無線LANを使ってGoogle Play Storeから画像編集アプリやゲームをインストールしたり、Gメールの受信、TwitterやFacebookの閲覧・投稿もできたりします。また「専用アプリ『Connect to S800c』を使うと、オフラインでもスマートフォン側からカメラ内の写真や動画を選んで転送できます。デジカメなのにビックリな賢い子なんです。

120906_coolpix_s800c_twitter_01_960

Twitterへの投稿などスマートフォンライクに使えるのが最大の特長 

120920_coolpix_s800c_05_960

側面からみたCOOLPIX S800c

側面には、HDMIミニ端子(Type C)を搭載しているので、HDMI対応の大きなテレビやモニターに映像を映し出すことができます。また、USB端子も搭載していて、USBケーブルでパソコンと接続すれば充電できるようになっています。この辺もスマートフォンライクな仕様になっているので活用しましょう。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会