体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最新巻は「第一部の山場に入っていく重要な巻」−『東京レイヴンズ』作者・あざの耕平さんインタビュー(1)

富士見ファンタジア文庫の人気ライトノベル『東京レイヴンズ』シリーズ。その最新巻である8巻が10月20日に発売された。

主人公の土御門春虎は陰陽道の名門の分家の生まれ。しかし、才能はなく、地元で友達の冬児、北斗と普通の高校生として気ままに暮らしていた。あるとき、土御門家の次期当主で、幼馴染みである夏目と再会。そこで巻きこまれた事件をきっかけに、陰陽師を育成する学校・陰陽塾に入学することになる――というのが『東京レイヴンズ』のあらすじだ。

今回、発売された8巻はいよいよ物語が佳境に差し掛かる重要な巻となる。
家のしきたりによってずっと男として振る舞い続けてきた夏目だったが、ついに女だとバレてしまう。それ以来、好意を寄せていた京子は夏目たちを避け続けていた。その一方、春虎はシェイバとの激闘以来、自分の呪力を制御できずに不安定な状態に陥っていた。幾つもの不安を抱える春虎たちにさらなる事件が襲いかかり――。

さらになんと、この8巻の帯で、『東京レイヴンズ』の「アニメ化企画進行中」が発表された。詳細は未定だが、キャラクターたちやアクションシーンがアニメで見れることができるのだから期待は高まる。
今回は『東京レイヴンズ』作者のあざの耕平さんにロングインタビューを敢行。『東京レイヴンズ』の世界観についてお話を聞いた。3回に分けてお送りするインタビュー、今回はその前編だ。
(聞き手/金井元貴)

■最新巻は「第一部の山場に入っていく重要な巻」

―まずは、ついに『東京レイヴンズ』の8巻が発売されました。7巻を読み終えたあと、「ついにここから物語が佳境に入っていくんだな」と思っていたのですが、この8巻はシリーズを通して、どんな位置づけになるのですか?

あざのさん(以下省略)「これは8巻のあとがきにも書いているのですが、シリーズを最初に立ち上げるときに、大きく二部構成で物語を考えていたんですね。その第一部の山場というのをある程度決めていたのですが、この8巻はその山場に入っていく重要な巻ですね」

―では、ここからさらに物語は加速していく、と。

「そうですね。第一部のクライマックスは間近です」

―今巻のあらすじを読むと、最近遠ざかっていた恋愛の方もかなり動くのではないかと思うのですが。

「7巻のラストでついに秘密がバレましたからね。その流れを受けた形で次のドラマに入っていきます。この『東京レイヴンズ』という作品は、主人公たちが学生で、学校に通いながら成長していく話が軸です。学生の人間関係においてやはり恋愛というのは欠かせない部分だと思うので、これまで書いてきたシリーズよりは多めに取り入れています」

―この『東京レイヴンズ』は陰陽術というものが下地となって物語が組み立てられていますが、もともと興味がある分野だったのですか?

「昔から興味があったか、というと実は全然なくて(笑)、これは1巻のあとがきでも書いた通りなのですが、まずは日本的な感覚、スタイルや、特にビジュアル面でですね。“和”の雰囲気に先に魅かれていった経緯があって、そうした雰囲気の漂う作品を書きたいというところがあったんです。
それに、前のシリーズが吸血鬼の話で、魔術も出てくるけれどメインは剣劇だったので、次は魔術を題材にしたバトルものを書こうと思って題材を探したところ、陰陽師って面白いよねということになったんです。その後、調べていくうちに、あ、これはすごく面白いぞ、と」

―では、今回発表された「アニメ化」というのは、ビジュアルという意味ではかなり期待していらっしゃるのではないですか?

「もちろん期待はしていますけど、アニメ化については監督さんの意図がすごく大事ですから、どの程度“和”のテイストを取り入れてくれるかは、正直分からないですね(笑)。読者の皆さんも『東京レイヴンズ』にどのくらい“和”の雰囲気を感じてくださっているのかは計りきれていないので、そこは原作者の趣味ではなくて、読者の気に入ってくれそうなラインを探っていただきたいかなとは思います。ただ、一応要望は出しているんですよ。パッケージを和風にして欲しいとか」

―そういった物語の作り方、いわゆる元々描きたい何かがあって、それを表現するために様々な要素を当てはめていくという方法は、普遍的ですけれど面白いと思います。

「でも、正直…私自身はどっぷり書きたいところはあまり書けていない気はしているので(苦笑)、少しでも受け取ってもらえれば嬉しいですね。ただ、やりすぎると良くないのでこれくらいがちょうどいいのかな、と」

1 2 3次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。