体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

動画観賞にピッタリ!バッテリー駆動10時間のタフな10.1インチタブレット REGZA Tablet AT500 -東芝2012モデル-【最新タブレット指南】

2012年は、ドコモが異例の秋モデルを発表するなどタブレット元年と言える拡大をみせている。特にAVメーカーでもある東芝からは薄さと軽さを兼ね備えるだけでなく、AVメーカーとして高画質と高音質にもこだわったモデルが発売されており、魅力ある製品が増えてきた。

そこで、当ブログメディアITライフハックで、東芝から発売されているREGZAのブランド名を冠した7インチから13インチの最新タブレットが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいタブレット選びを探ってみたい。

是非、後悔しないタブレット選びの参考にしていただきたい。

今回は、約10時間の長時間バッテリー駆動が特長の10.1インチタブレットREGZA Tablet AT500を紹介しよう。

■液晶テレビレグザの技術が生かされたディスプレイを搭載
REGZA Tablet AT500の薄さは9mm、軽さは約590gと10インチとしてスタンダードな大きさのタブレットだ。

ディスプレイには10.1インチの高視野角IPS液晶を搭載しており、解像度は1280×800ドットのWXGAとなっている。画面表示には液晶テレビレグザで培った高い映像技術が生かされており、自然で美しい描写が特長だ。

SDカードスロットを搭載しているので、デジタルカメラで撮影した写真をその場で表示して美しい画面で鑑賞できる。また液晶画面が広視野角なので1人だけでなく、家族や友人など大勢で写真や動画を楽しむのにピッタリだ。

120928_at500_02_800

10インチクラスのAndroid搭載タブレット

120928_at500_03_800

片手で持って操作することもできる

120928_at500_04_800

7インチサイズのタブレットと比較すると随分大きく感じる

■バッテリーが長持ち!充電を気にせず映像三昧
REGZA Tablet AT500の大きな特長としてバッテリーがフル充電で約10時間駆動する。これにより長時間の動画や映像などを視聴する際、充電やバッテリー残量を気にせず楽しめるのが嬉しい。

さらに、プリインストールされた専用アプリを使えば、液晶テレビREGZAや、レグザブルーレイ、レグザサーバーと連携し、録画した番組や放送中の番組を自宅の好きな場所からタブレットで観賞できる。

テレビはもちろん、YouTubeやHuluといった動画配信サービスの映像も満喫できる。自宅での活用するだけでなく、外出先でスマートフォンのテザリングやWi-Fiルーターを利用してインターネットに接続すれば、通勤・通学や旅行やレジャーの移動時間、待ち時間にも迫力ある映像が思う存分楽しめる。

動画だけでなく、OSにはAndroid4.0、CPUにはクアッドコアの「Tegra3」が搭載されているので10インチの大画面でゲームやウェブ閲覧をサクサク閲覧できるのも便利な点だ。

120928_at500_05_800

本体正面。ディスプレイのサイズは約10.1インチ、解像度は1,280×800のWXGA

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会