体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画監督の若松孝二、交通事故により76歳で死去

 

10月12日夜に交通事故に遭い、都内の病院に入院していた映画監督の若松孝二が、昨日10月17日23:05、搬送先の病院で亡くなった。享年76歳。当初の報道では入院時に命に別状はないものと伝えられていたが、若松プロダクションのツイートによると、意識不明の状態が続いていたという。

若松監督はTV映画の助監督を経て63年に成人向け作品「甘い罠」で監督デビュー。60年代から70年代にかけて、ピンク映画を中心に大量の作品を世に送り出し、暴力やエロス、政治などをテーマにした反体制的な作風で当時の若者を中心に支持を集めた。80年代以降も「水のないプール」「エンドレス・ワルツ」といった話題作を手掛け、彼の大ファンであるジム・オルークが音楽を担当した2008年の「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」でベルリン国際映画祭の最優秀アジア映画賞を受賞。2010年の「キャタピラー」では主演の寺島しのぶが同映画祭の最優秀女優賞を獲得した。

今年に入ってからも、作家の船戸与一による小説を原作とした「海燕ホテル・ブルー」、70年に起こった三島由紀夫の自決事件を描いた「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」の2作品を公開。中上健次の小説を映画化した来年公開予定の「千年の愉楽」が最後の作品となる。謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会