体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英会話が苦手な理由を克服! ロゼッタストーンで英語を話せるようになるワケ【デジ通】

外国語学習の「ロゼッタストーン」は、その言語を何も知らない状態から始める学習教材として注目されている。先日紹介した日本人の英会話能力を強化することに特化して開発されたRosetta Stone ReFLEXだが、この教材の本格的な販売が開始され、これに合わせて記者会見が行われた。

この会見で説明された日本人が英会話が苦手な理由と、そうした日本独自の問題に対して積極的にアプローチした新教材「Rosetta Stone ReFLEX」の詳細を中心に解説しよう。

■日本人が英会話が苦手な理由
会見は、新教材「Rosetta Stone ReFLEX」のプロジェクトマネージャーのグローズ・ハナ氏から製品の開発経緯についての説明が行われた。

昔からよく言われていることとして「多くの日本人は、英文法や英単語はよく知っているのに何故か話せない」ということがある。このことは散々言われ尽くした感があるが、この理由は、「聞き取れない」「とっさに言葉が出てこない」「自信がない」という3つの原因によるものだという。いわゆる受験英語、試験で高得点を得るための英語学習の弊害というやつだ。

聞き取れない音は自ら発することはできないため、聞き取ることが最も重要になるという。とっさに言葉が出てこないのも、聞き取ったことを頭の中で素早く翻訳して理解することができていないためで、また言ったことのないフレーズや単語は、当然ながらとっさには出てこない。そして自信がないのは、日常的に会話する機会がないためだという。

話は単純で「英語が聞き取れるようになる」「とっさに英語のフレーズが出てくるようになる」「英語を話すことに自信を付ける」というようになれればいいわけだ。

乱暴な話だが、これを手っ取り早く実現するには英語の読み書きができるようになった段階で、一定の期間(半年から1年程度)英語を話さざるを得ない環境に放り込めばいい。

それだけである程度の会話力が“仕方なしに”身に付くだろう。英語しか通じない場所で生活すれば、生きるために仕方なしに英語を使うようになるからだ。

だからといって、英会話を身に付けたい人の日常を壊してまでそうしたことをすることはできない。生活もあれば仕事もあるわけで、そんな環境に自分を置くなんてことは現実的には無理だ。

そこで、先述した「聞き取れない」「とっさに言葉が出てこない」「自信がない」の3つを強化するのがRosetta Stone ReFLEXになるという。

■Rosetta Stone ReFLEXの機能
Rosetta Stone ReFLEXは25分程度のレッスンを“毎日する”ことが基本になっている。

英会話が苦手な理由を克服! ロゼッタストーンで英語を話せるようになるワケ【デジ通】

レッスンを始めると、聞き取りの練習の「Skills」(スキルス)が始まる。例えば“RightとLight“など、日本人が苦手とする「RとL」の発音といった聞き取りが難しい言葉の聞き取り練習をゲーム形式で5分程度行う。

英会話が苦手な理由を克服! ロゼッタストーンで英語を話せるようになるワケ【デジ通】

これが終わると、実践的な会話のロールプレイングの「Rehearsal」(リハーサル)が始まる。ここでは日常的な会話シーンを想定した会話の練習を行うことになる。現在、カフェやタクシー、道を尋ねるなど約30種類のシーンが用意され、それぞれのシーンで必要なフレーズなどを学習していく。ここで15分前後レッスンした後が本番となる。

英会話が苦手な理由を克服! ロゼッタストーンで英語を話せるようになるワケ【デジ通】

「Rehearsal」で使用したシーンをオンラインのアメリカ在住の講師と「Rosetta Studio」でマンツーマンで5分から8分程度実践練習することになる。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。