体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネームを描いて100万円も夢じゃない!「第4回ネーム大賞」作品募集中!

ネームを描いて100万円も夢じゃない!「第4回ネーム大賞」作品募集中!

こんにちは!電子書籍を配信できるSNSサイト漫画onWebです!
漫画のネームだけで応募できる漫画賞!参加すれば有名漫画家さんたちから作品講評がもらえて、受賞すれば賞金も!その後の作品権利は縛りません!完成原稿は他の漫画賞に投稿OK!!
そんな良い事ずくめな漫画賞「第4回ネーム大賞」!!

いよいよ締め切りまで残り2週間となりました!!まだ間に合う!まだまだ描けるぞ!
あと2週間か…ちょっと無理かな…諦めようとしたそこのあなた!一度で良いから!ほんの少しで良いから下記の条件をご覧下さい!漫画を描かれているなら絶対出さなきゃ損よ!勿論完成原稿でなくてOKですのでこれを期に漫画制作にチャレンジしてみても良いですね!

賞の総数はなんと前代未聞ネーム大賞史上最大の10枠!!
大賞 50万円×1名
準入賞 30万円×1名
佳作 10万円×1名
ウェブクルー特別賞 20万円×1名
DLマーケット特別賞 10万円×1名
マンガ★ゲット特別賞 10万円×1名
漫画全巻ドットコム特別賞 お好きな漫画全巻100冊分×1名
セルシス特別賞 ComicStudio4.0EX(Win or MacOS版)×2名
ワコム特別賞 BambooComic Small(お好きなカラー)×1名

ネーム大賞はジャンル不問!お一人さま何作品でも応募が可能です!そしてこの度受賞枠の複数受賞まで可能となりました!
大賞と特別賞のダブル受賞、もひとつ乗っけてトリプル受賞も十分あり得ます!
全部のせなんて事になったら最高獲得賞金はなんと100万円相当!!
ネームで結構!ネームで良いんです!そんな強者が現れるのか!?
賞金ハンターよ!猛者たちよ!今こそ集まれー!!!もってけ100万円〜!

そしてなんといっても丁寧な審査!丁寧な講評!第一線で活躍する漫画家や雑誌編集者からあなたの作品に講評が貰えます!

(1)全ノミネート作品→途中通過100枠→通過25枠 を審査してくれる一次審査メンバー!
Aチーム 漫画家・佐藤秀峰 / フリー編集者・稲村光信
Bチーム 漫画家・佐藤智美 / 芳文社 編集者・吉田円
Cチーム 漫画家・中邑みつのり / 青年誌編集者・田中誠
Dチーム 漫画家・村岡ユウ / 漫画家・吉田貴司

(2)一次通過25枠→二次審査通過10枠 を審査して頂ける二次審査員メンバー!

尾関高文(THE GEESE)
@geeseojeck 計算された独特の視点で繰り広げられるコントで人気のお笑いコンビTHE GEESEを結成し、自身もドラマやCM、舞台といった多岐にわたる活動を広げている。

武富健治
@ryosuketono 代表作である『鈴木先生』は2007年には文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。近年ドラマ化もされ話題に。映画公開を控えている。

ピョコタン
@pyocotan フジテレビ公式HPのデジタルコミック 少年タケシで連載の『西日暮里ブルース』や、ゲームラボ誌上での挿絵や、連載をまとめた『アホ汁』シリーズが大人気

外薗昌也
@hokazonomasaya ファンタジーやSF、特に”神”を取り扱った作品を数多く発表。その中でも97年から連載された『犬神』は、まさに代表名作。

山本英夫
『のぞき屋』『殺し屋1』『ホムンクルス』など数々の名作を発表。

今回も名だたる著名人の皆様にご協力、あつい講評、審査を行って頂いております!今こそこの大きな懐にあなたの情熱をぶつけるのよ!

作品募集の締め切りは今月10月の31日!日付の変わるその時まで!!
残り2週間、今の応募総数は50作品ほど。あなたの作品もひょっとしてひょっとしちゃうかもよ!?

詳しい審査過程や募集要項はこちらのURLを見てね!
http://mangaonweb.com/creatorDiarypage.do?cn=30056&dn=33511

11/15には審査についてニコニコ生放送で放送予定です!こちらも是非是非ご覧下さいね♪
漫画onWebコミュニティ

未来の漫画スターは君だ!熱いネームを待っているよ!!

WEBマンガ新着情報「ガジェまん」 http://manga.getnews.jp/

ガジェまんの記事一覧をみる

記者:

WEBマンガ新着情報

ウェブサイト: http://manga.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。