体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「そんなの知らないよ」と彼女は

「そんなの知らないよ」と彼女は

今回はRootportさんのブログ『デマこいてんじゃねえ!』からご寄稿いただきました。

「そんなの知らないよ」と彼女は

「どうやって生きていけばいいだろう」と彼は言った。「学歴もなければ大した職歴もない、ぼくらのような人間はどうやって生き残ればいいだろう」

京都、三条河原町。最近できたばかりのつけ麺屋に、友人とたむろしていた。
麺大盛り根菜チャーハンセットを待ちながら彼は続けた。

「いまの時代、あらゆる仕事が機械に置き換えられていっている。一昔前なら、知的な労働は人間がやるしかなかった。どんなに単純な足し算、引き算だろうと、人間の手で計算するほうが早かった。だから、ぼくたちのような人間にも仕事があった……」

と、料理が運ばれてきて、彼はちょっとだけ口を閉じる。目をむくような量の炭水化物の塊がテーブルを埋めていく。

「……だけど、いまは違う」つぶやきながら、彼はわりばしを割る。「当たり前のことが当たり前にできるだけの人間なら、機械を使ったほうが安上がりだ。ぼくらのような人間の居場所は、どんどん無くなっている。なあ、ぼくらはどうやって生きていけばいいのかな」

彼は失職中で、いまは職業訓練校でプログラミングを習っているという。
私はお冷に手を伸ばした。気づくとくちびるが乾いていた。

「そう、だね……」

すぐには答えられなかった。

       ◆

「そんなの知らないよ」と彼女は笑った。

数ヶ月前のことだ。私は東京時代の友人たちとドライブをしていた。国道を飛ばしていたら、遠くに郊外型の大型商業施設が見えてきた。すると、彼女は誇らしげに言ったのだ。

「あそこ、うちの会社の案件だった」

彼女は大手人材系企業で働いている。
テレビをつければ彼女の会社のCMを目にしない日はないし、コンビニに立ち寄れば彼女の会社の冊子がかならず置いてある。すてきな仕事を見つけよう、楽しく働こう……。みんなで幸せになろう的なオーラを撒き散らしながら、若者をかき集めている。
人材系企業と、郊外型商業施設。
二つのものを頭の中で結びつけることができず、私は「どういうこと?」と訊いた。

「ああいう施設を新規オープンするときは、アルバイトを一括採用するの」

ハンドルに片手を載せたまま、もう一方の手で建物を示す。

「数百人分の面接なんて、施設の人事担当者の手にはあまるでしょう? だから、うちの会社みたいな人材系企業に採用活動を一任しちゃうんだよ。どういうスタッフが欲しいのか要望を聞きながら、マッチする人材をまとめて斡旋するの」

そういうサービスを、パッケージ化して商品にしているらしい。少しだけ速度を落として、建物の横を走り抜ける。

「新規オープンの場合なら、学生のアルバイトを避けてほしいって注文されるのが普通だね。だって、施設側としてはできるだけ長く働いてくれる人が欲しいでしょう。現場の戦力になって、将来的には後輩を育ててくれるような人が欲しい。だから、フリーターが重宝される」

フリーターか……、と私は一人ごちる。

「そういう人って、このお店で何年ぐらい働くんだろう」
「さあ? 10年も続かないんじゃないかな、ふつう」
「そういう人って、どんなことを目標にして生きているんだろう」
「うーん、プロのミュージシャンになってメジャーデビュー、とか?」
「そういう人って、どういう人生を歩むんだろう」

彼女は申し訳なさそうに笑った。

「そんなの知らないよ」

       ◆

「そういうモノですよ、世の中って」

さらに数ヶ月前のことだ。私は高校時代の後輩と新宿でランチをしていた。学生の頃から優秀だった彼は、いまでは金融業界の第一線で働いている。

ブログのアクセス数が伸びるようになってから、古い友人からの連絡が増えた。彼もそんな人の一人だった。彼らの記憶の底で消えかけていた私という存在は、ブログがバズるようになったことで、にわかに生き返ることを許された。こうやって文章を書き続けていなければ、きっと誰の目にもとまらず、みんなから忘れ去られていただろう。

「ブログを書いていると、ときどき不安になるんだよ」

その時、私は柄にもなく“相談”をしていた。

「短い記事のなかに、言いたいことをすべて詰め込めるわけじゃない。ネタのつもりで書いたことが、本気と受け取られることも少なくない。そういうとき、批判されるだけならまだいい。私も覚悟しているから」
「へえ、先輩は煽られたらスルーできないタイプだと思っていました」

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。