体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画と一緒なら3倍楽しめる 秋の夜長にオススメのロックスター・ゲームスのタイトル3本

こちらはなんと、マルチプレイモードでも使用でき、使用したプレイヤーの周囲は強制的にスローモーションになってしまいます。このシステムをマルチプレイで採用したのは世界初の試み。ユーザー側の満足度も高いようで、マルチプレイは常時人があふれています。マルチプレイについても詳しく紹介していきましょう。

マルチプレイでより深く世界観を味わう

警察チームとギャングチームに分かれて戦闘できるマルチプレイでは、プレイヤーのレベルごとに最適な対戦相手を組み合わせる機能を搭載。いわゆる“初心者狩り”が横行することも少ないのが魅力です。さらに『ギャング・ウォーズ』モードでは、プレイ結果に応じてストーリーとゲームタイプが変化していくというユニークなシステムが楽しめます。仲間と一緒にストーリーを進めていくこのモードは、ゲームの世界観をより深く味わうのにもオススメ。

マルチプレイを楽しむために重要な機能が、プレイヤーコミュニティの“クルー”です。クルーは「仲間」を意味しており、お互いに登録し合うことが可能。クルーに登録すると、ゲーム中で様々な恩恵が受けられます。クルーに登録してメンバーと一緒にミッションをクリアすれば“XP”が増加し、武器やアイテム、アバター等をいち早くアンロックすることができます。またクルーを登録していくと派閥ができ上がり、クルー抗争が勃発。自分のクルーが他のクルーとライバル関係になると、各戦闘に影響を与えマルチプレイがより濃い物へと変化していきます。

ちなみにこのクルー機能は、来年以降に発売が予定されている『グランド・セフトオートV』でも引き継いでプレイできることが公式サイトでアナウンスされました。しかも、Xbox360/PS3いずれかのゲーム機を使用していても、プラットフォームを超えて同じクルーとしてフレンド登録ができます。今のうちにオンライン登録してクルーとの友情を深め、『グランド・セフトオート・V』のマルチプレイでも抗争ができるように準備しておくのはアリだと思います。

まだまだ『グランド・セフトオートV』の詳しい情報は明らかにされていませんが、一部スクリーンショットが公開されており、ファンの期待は高まる一方。発売されれば映画&ゲームで3倍楽しめる有力なタイトルになることは間違いないでしょう。

GTAV V2 V3

※この記事で紹介したゲームは全てCERO Z指定です。対象年齢は18歳以上。

(C) Rockstar Games,Inc

前のページ 1 2 3
すこやか山田の記事一覧をみる

記者:

滋賀県出身流れ者すこやか山田参上! 色んなメディアや政治、省庁関係、あなたの気になることにブッコんで行くんで夜路死苦!! コテコテの関西人です。元アウトローです。昔はママチャリで東京に行く等無茶な事をしていました。http://gundori.tabigeinin.com/ 重度の2ちゃんねらーです。格闘技と女性が大好きです。

TwitterID: @damian_0522

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。