体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警察が犯行動機を創作か? 掲示板では怯える声も

遠隔操作ウイルスに感染したパソコンを使い犯行声明を行った事件で「冤罪」が発覚し、ネット掲示板が騒然としている。

15日、TBSには「私が真犯人です」というメールが届いた。送り主は、犯人でなければ知り得ない情報を記していたことから、警察はこの人物を「真犯人」であると断定したが、同時に、これまで行われた複数件の犯行予告のうち、無実の二人が自白を強要されていた可能性も高まり、これがネット上で物議を醸すことになった。

その一人となったのは、明治大学の学生(19)だ。6月29日、横浜市のホームページに横浜市保土ケ谷区内の小学校を名指しして「襲撃してガキ共皆殺しにしてやる」と書き込みしたとされ、神奈川県警保土ケ谷署によって7月2日に誤認逮捕された。

当初、学生は容疑を否認していたが、取り調べが進むにつれ「楽しそうな小学生を見て、自分にはない生き生きさがあり、困らせてやろうと思った」と発言した、と伝えられ、この学生が犯行予告を行なっていなかったとすると、この動機は警察が創作したものになる。

一連の報道を受け、ネット掲示板では、「冤罪恐ろしすぎ。警察腐ってるなマジで」「酷い話だ。冤罪事件は巨額の賠償をすべきだと思うわ」「冤罪で逮捕されて人生終了した奴、やばい規模でいるんじゃね。こええ」と、罪を作り上げる警察への恐怖を綴ったコメントが相次いだ。

また、マスコミの責任を問う声も多く、「ウイルス作成より自白の強要を報道しろよ」「警察が嘘の自供をさせてるという事実をもっと大々的に取り上げろよ」「誤認逮捕された人たちの生活はその後どうなったのか公表しろよ。誤認の上に自白強要で人生壊されて今何してるんだ 」と、訴えるコメントも続出した。

【関連記事】
遠隔操作の恐怖、捜査に油断も…ネット犯罪「手口は日進月歩」
<PC遠隔操作> 真犯人とほぼ断定…「声明」送信者 警視庁
釈放男性のPC画面添付か=警察未把握も犯行予告―乗っ取りウイルス・警視庁
なりすましウイルスで「えん罪」 それでも2人が自白していたのは?

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ

(http://news.livedoor.com/article/detail/7054260/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会