体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KDDI、au向けにLTEと3Gを瞬時に切り替える「Optimized Handover」を導入!ピクセルや電池消費抑制などのauのこだわりネットワーク構築へ


電池消費抑制は4G LTE全機種対応!
KDDIおよび沖縄セルラーは17日、2012年冬に発売予定の新モデル「2012年冬モデル」の発表会を都内で開催し、その中で次世代高速通信規格「LTE(Long Term Evolution:FDD-LTE)」と3Gネットワークの間を移動した場合でも通信の途切れを最小限にする新技術「Optimized Handover(オプティマイズド ハンドオーバー)」を2012年11月1日(木)から全国で導入することを発表しています。

Optimized Handoverは、auのこだわりとして紹介され、新しくネットワークを構築しているLTEによるデータ通信サービス「4G LTE」に対応した端末において、LTEと3Gをシームレスに切り替え、通信が途切れたりせずに利用できる技術です。

その他にも、auのこだわりとして、小型基地局「ピコセル」の導入によるきめ細やかな電波環境作りや待受時の電力消費を抑えながらも音声通話の発信から着信までに要する時間を大幅に短縮する技術「eCSFB」の導入など、品質重視のネットワークを構築してきたとのことです。

02

Optimized Handoverは、LTEシステムから3Gシステムへデータ通信をシームレスに切り替えるための新技術です。LTEサービスエリアに在圏中に3Gシステムでの通信開始に必要な処理をLTE側であらかじめ行うことで、3Gサービスエリアに移動した場合でも、通信の途切れを最小限に抑えて、データ通信を継続することが可能となるという。

これによって、通信開始に必要な処理を3Gシステムへ切り替え後に行う従来の方式に比べて、大幅にデータ通信の断時間を短縮できるそうです。

03

また、4G LTEは、提供当初から単にサービスエリアを広げるだけでなく、世界初のピコセルの導入によるきめ細やかな電波環境作りや待受時の電力消費を抑えながらも音声通話の発信から着信までに要する時間を大幅に短縮する技術「eCSFB」の導入など、品質重視のネットワークを構築してきました。

KDDIおよび沖縄セルラーでは、今後も3M戦略の一層の推進を図り、「つながりやすさ」を追求した品質 重視のネットワークを提供していくということです。

04

記事執筆:S-MAX編集部

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
KDDI、au向け2012年冬モデル発表会を10月17日午後12時から開催!Ustreamによるライブ中継も実施 – S-MAX – ライブドアブログ
当初計画から大幅前倒し!KDDI、次世代ネットワークサービス「au 4G LTE」の説明会を開催【レポート】 – S-MAX – ライブドアブログ
USTREAM: au発表会: 10月17日(水)12:00 au新商品発表会を開催いたします。 – Ustream
au 新商品発表会 – ニコニコ生放送
auスマートフォン 2012冬最強の選べるラインアップ800MHz帯の高品質LTE対応モデルが一気に10機種登場! | 2012年 | KDDI株式会社
「4G LTE」 2012年冬モデル発売記念!「スマホ基本使用料半額キャンペーン」の実施について | 2012年 | KDDI株式会社
auのこだわり!LTEと3Gを瞬時に切り替える「Optimized Handover」を導入 | 2012年 | KDDI株式会社

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。