体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

岡本夏生と美魔女がアンチエイジング対決! “コラーゲン元気度”を高める『コラ活』ヨガを実践

コラ活

コラーゲンを正しく理解し、大切にする美容活動『コラ活』実行委員会が、コラーゲンの元気度をあげる『コラ活』ヨガイベントを開催。“TEAM 美魔女”の駒田奈美さん、第3回国民的“美魔女”コンテストのファイナリストが参加し、スペシャルゲストに岡本夏生さんが登場しました。

『コラ活』とは、美容成分として知らない人はいないほど有名なコラーゲンの正しい知識やケア方法を学び、実践するライフスタイルのこと。『コラ活』実行委員会は、様々なイベントを企画しており、そのひとつとしてホットヨガスタジオ LAVAとコラボした『コラ活』ヨガを開発。実際に好評を博しています。

コラーゲンの“元気度”とは

コラーゲンと聞くとドリンクを飲んだり、豚足や鳥皮などを積極的に食べたり、外から補うイメージが強いもの。しかし、コラーゲンはもともと体内にあるものであり、20代から60代までで全体の10%程度しか減少しないそうです。

だからこそ本来自分の持っているコラーゲンをケアしてあげることが大切。そして、コラーゲンも新陳代謝を繰り返すので、この代謝を高めてあげることが“元気度”につながります。

自分が持っているコラーゲンを元気にする為に大切なのは、バランスのとれた食事、十分な睡眠、そしてヨガなどの適度な運動。健康的に美しくなるのに近道はありません。やっぱり生活から見直さないとダメか……とうなだれたあなた、逆にしっかりコツコツ毎日続ければ、美の道がひらける。そう思うととっても素敵だと思いませんか?

気になる美魔女の“コラーゲン元気度”は?

コラ活

毎日努力をして、年齢を重ねても変わらぬ美しさをキープしている人と言えば、才色兼備の35歳以上の女性を意味する美魔女。ハイレグ水着を披露していた頃からスタイルを維持している“自称47歳”の岡本さんだって、美魔女に負けない美貌の持ち主です。

そこで、岡本さんと美魔女が“コラーゲン元気度”をその場で計測し、ガチンコ対決。岡本さんが元気度66、“TEAM 美魔女”駒田さんが68、ファイナリストの若本さんが60、盛さんが56という結果。一般女性の平均は46とのことなので、皆さんさすがに素晴らしい数値! 

代謝を促進する「コラ活」ヨガを実践!

コラ活 コラ活

さらに“コラーゲン元気”を高める為に、『コラ活』ヨガレッスンプログラムの一部を実践。血流を促進し、肌が代謝しやすい状態に導くマッサージや、体の背面を鍛えることで全身の代謝を促進するヨガポーズを学びました。

コラ活

実は、岡本さんはテレビのお仕事があまりなかった時代、SHIHOさんのヨガの本を買ってお部屋でずっとヨガを続けていたのだとか。最近は忙しく、あまりできていなかったそうですが「『コラ活』ヨガを教わってやっぱりヨガがやりたくなりました!!」と興奮。

「ハロウィンも一人ぼっち、クリスマスの予定は20年間ない!」と嘆き、会場を沸かせながらも「60歳になっても“昔と変わりませんね”と言われたら“『コラ活』ヨガを続けているから”と言いたいです!」と今後も美を磨いていくことを誓いました。

私たちにもできる「コラ活」

コラ活

『コラ活』実行委員会の一員として活動する、化粧品メーカー『リサージ』マーケティング部の田村さんは『コラ活』について、「コラーゲンに関する膨大な情報をそのまま女性に知っていただくのは大変。ちょっとした運動やマッサージを毎日の生活に取り入れていただくことからはじめていただけたら嬉しいです」とコメント。

今回ホットヨガスタジオ LAVAとコラボした『コラ活』ヨガについても「美意識の高い女性ならきっとヨガに興味があるはずと思ってはじめたプロジェクトでしたが、お客様にも好評でとても嬉しいです」と話しています。

岡本さんと美魔女の皆さんが計測した“コラーゲン元気度”は、『リサージ』の各店舗にて私たちも体験できる他、『コラ活』の公式サイトにはレシピやコラムなどのお役立ち情報満載なので、チェックしてハリつや美人を目指しましょう。

『コラ活』コラーゲンを、もっと元気に!
https://colla-katsu.jp/

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy