体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地味顔から卒業! 一気にあか抜けるまゆ毛の書き方

121017mayu.jpg

こんにちは、モテ顔クリエーターの高岸裕一です!
毎年、トレンドになる旬の「はやり顔」ってありますよね? ズバリ、この「はやり顔」こそ究極のモテ顔なんですよ。
今回は、旬の「ナチュ薄まゆ」メイク術をお教えします。はやり眉をつくるポイントは次の3つ。

色:ヘアカラーよりもワントーン明るい色
形:目と眉の距離が近く、形はややストレート
太さ:太眉

ではさっそくやり方を見ていきましょう☆
 
1.最近もっとも売れているカラーのイエローブラウンを使用していきます!

121017make01.jpg

2.眉を書くときに眉のアンダーから書き始める目と眉の距離が近づきますよ♪

121017make02.jpg

3.眉毛の流れに逆らうように眉尻から眉頭へ向かってパウダーを埋めていきます!

121017make03.jpg

4.アイブロウマスカラはイエローゴールドを使用。自眉にからめるようにカラーリング。

121017make04.jpg

5.完成

121017make06.jpg

自眉の色が黒いとアイブロウカラーの色と差が出てしまうので、必ずアイブロウマスカラを使用し、色をあわせてくださいね。
旬の眉メイクは主役のアイメイクをより引き立ててくれます。ヘアカラーより一段明るくすることで、目もとのまつ毛や黒目がキレイに見えますよ!
photo by Thinkstock/Getty Images
(モテ顔クリエイター/高岸裕一)



(マイスピ)記事関連リンク
もう「顔大きいね」と言わせない! えら張り顔をスッキリ見せるテクニック
鼻高々! だんご鼻をなんとかしちゃうメイク術
黒目がちなつぶらな瞳をつくる「つけま」術

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。