体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レグザの高画質技術でより美しくなったフォトパネルは動画や音楽再生も可能に!ドコモ冬モデル東芝製「フォトパネル 05」を写真と動画でチェック【レポート】


フォトだけじゃない!動画や音声再生にも対応!
既報の通り、NTTドコモは11日、2012年冬に発売する予定の新モデルや新サービスを発表する「2012冬モデル 新商品・新サービス発表会」を都内で開催した。

合計で16機種17モデルが発表されたが、その中に新しく東芝製の「フォトパネル 05」を11月~12月に発売することも発表された。

同発表会の展示会場にてこの新しいフォトパネルを試すことができたので写真と動画で紹介する。

121011_dcm_photopanel_02_960

本体正面。カラーはホワイト(左)とブラック(右)の2色展開

121011_dcm_photopanel_03_960

本体背面にはスタンドを備える。今回からタッチペンも付属する

121011_dcm_photopanel_04_960

側面にはmicroUSB端子、3.5mmイヤホンジャック、SDカードスロットなどを搭載
本体のサイズは約148(高さ)×234(幅)×25(厚さ)mm、質量は約750g。ディスプレイは約9インチで解像度は800×480ドット。本体側面には電源ボタン、microUSB端子、3.5mmイヤホンジャック、SDカードスロット、リセットボタン、電池パックを搭載する。

ネット販売による1,000台限定販売の「フォトパネル 01」を除いて、ドコモショップや量販店など販売店で取り扱うようになった「フォトパネル 02」から「フォトパネル 04」までは一貫してファーウェイ(華為技術)製だったが、今回は初めて東芝製となった。“Powered by REGZA”と謳いレグザの映像技術を取り入れ画像だけでなく動画の再生にも対応し、美しい映像を楽しめるという。

121011_dcm_photopanel_05_960

横置き状態での上部背面。各種ボタンとスピーカーを搭載

121011_dcm_photopanel_06_960

本体下部に電源プラグを備える

121011_dcm_photopanel_07_960

背面のスタンドは可動式。横置き、縦置きが可能
これまでのフォトパネルは前面のディスプレイ周りにセンサーキーを備えて操作を行っていたが、フォトパネル 05では本体の側面に「消音」「戻る」「ホーム」「メニュー」「画面ON/OFF」のボタンを備える。さらに、音楽再生と動画再生に対応しているため、スピーカーも搭載している。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会