体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンクが米スプリントを約1.5兆円で買収へ、日米最大級の顧客基盤で売上高は世界の移動体通信事業者3位に


ソフトバンクがアメリカの通信事業者「スプリント・ネクステル」を戦略的買収!
ソフトバンクは15日、都内で緊急記者会見を行い、アメリカの通信事業者である「Sprint Nextel(スプリント・ネクステル)」(以下、スプリント)を戦略的買収を行うと発表した。

ソフトバンクの代表取締役社長 孫正義氏は、アメリカで第3位の通信事業者スプリントを、総額201億ドル(日本円で1兆5,709億円)で買収することを明らかにした。

会見にはソフトバンクの孫氏とスプリントのダン・ヘッセCEOの2人が参加し、今回の買収における経緯や今後についての詳細が語られた。

まず、孫氏から買収後における契約者数と売上高について、同社の参加にある「ウィルコム」と「イー・モバイル」に加え今回の「スプリント」を買収することで、携帯電話事業における契約者数が9,600万となることを説明。これは日米においては、米Verizon Wireless(ベライゾンワイヤレス)、米AT&T(エイ ティ アンド ティ)に次ぐ契約者数となり日本のNTTドコモを遥かに凌ぐ契約者数であることを示した。

121015_sbm_sprint_02

また、移動体通信の売上高において、中CainaMobileの3.3兆円、米Verizon Wirelessの2.8兆円に次ぐ2.5兆円となり、世界3位の移動体通信事業者になることを説明した。

121015_sbm_sprint_03

買収の内訳については、スプリントの既存株式を121億ドル(日本円で9,469億円)で取得することに加え、増資引き受けとして80億ドル(日本円で6,240億円)を行う。既存株式は1株7.30ドル、新株は1株5.25ドルとし、総額201億ドル(日本円で1兆5,709億円)でスプリントの70%の株式を取得し、完全子会社化を目指す。

121015_sbm_sprint_04 121015_sbm_sprint_05

今回の買収について孫氏は、アメリカ市場においてスマートフォンの成長が著しい点、世界的に見てポストペイドが中心かつARPUが高い市場である点、しかしながら通信速度が遅く、さらにAT&Tとベライゾンの上位2社による寡占市場である事を挙げ成長ポテンシャルがあるためと説明した。

121015_sbm_sprint_06

スプリントはここ数年でブランドや事業の見直しにより回復傾向になっている点などがダン・ヘッセ氏から説明された。2008年から業績が回復傾向になり、顧客満足度、ブランド力指数、通信収入成長率、ARPU成長率などにおいて、改善されている点を強調し、契約者数も2012年6月末現在で過去最高水準となる5,640万を達成していることを説明した。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy