体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTC、台湾で「HTC One S Special Edition」を発表、新色を採用し、内蔵ストレージ容量を64GBにアップ

HTCが台湾において、「HTC One S Special Edition」を発表しました。Special Editionは、今年4月に発売されたSnapdragon S4版HTC One Sをベースに、内蔵ストレージの容量を64GBに増やし、カラーリングをスノーホワイトにした改良モデル。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)、Senseは「Sense 4+」を標準搭載。Beats Audioにも対応します。その他のスペックは現行モデルと大体同じです。4.3インチqHDのSuper AMOLEDディスプレイ、1GBのRAM、背面に800万画素裏面照射型CMOSカメラ(AF、LEDフラッシュ、F2.0レンズ)、前面に30万画素CMOSカメラ、1,650mAhバッテリーを搭載。Wi=Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0(apt-x対応)、DLNA、MHL、ワイヤレスディスプレイなどに対応。対応周波数はGSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA+(850/900/2100MHz)。発売時期について。まずは台湾で10月下旬に発売されるそうです。他国での発売予定は明らかにされていません。価格は17,900台湾ドル(約48,000円)。Source : HTC



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、台湾で「Padfone 2」を正式発表、4.7インチHD液晶とクアッドコアのSnapdragon S4 Proプロセッサを搭載
NTTドコモ、「MEDIAS ES N-05D」に対してAndroid 4.0(ICS)へのアップデートを提供開始
”Android 4.2”では通知バーを2度下に引っ張ると”Quick Settings”パネルが表示される(動画あり)

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。