体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

携帯電話初のIGZO液晶搭載!さらに進化した最強ドコモスマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」を写真でチェック【レポート】

ドコモの加藤社長もパワープッシュ!
既報の通り、NTTドコモは11日、「2012年冬モデル新商品・新サービス発表会」において、Androidスマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(シャープ製)を2012年11月~12月に発売すると発表しました。

シャープのAndroidスマートフォンブランド「AQUOS PHONE」の中で、ドコモ向けフラグシップモデルを担う「AQUOS PHONE ZETA」の第2弾で、シャープが開発した「IGZO(酸化物半導体)液晶」を携帯電話向けとしては世界で初めて採用しています。クアッドコアCPUを始めとして、「おくだけ充電」以外全部入りの、ドコモ全体でもフラグシップを飾るに相応しいスマートフォンとなっています。

この記事では、そんなSH-02Eを写真で紹介します。

携帯電話初のIGZO液晶搭載!さらに進化した最強ドコモスマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」を写真でチェック【レポート】 携帯電話初のIGZO液晶搭載!さらに進化した最強ドコモスマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」を写真でチェック【レポート】

カラーはBlue、White、Redの3色
SH-02Eは、Blue、White、Redの3色展開となります。初代ZETAたる「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」がWhiteのみで、供給量も少なめだったことを考えると、かなり供給面で頑張る、という意思の表れだと思われます。いずれのカラーも光沢加工がなされていて、かなり“テカテカ”してます。

携帯電話初のIGZO液晶搭載!さらに進化した最強ドコモスマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」を写真でチェック【レポート】

正面は4.9インチIGZO液晶がドカーンと。受話部が見当たりませんよ。

携帯電話初のIGZO液晶搭載!さらに進化した最強ドコモスマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」を写真でチェック【レポート】

IGZO液晶は省電力と高画質を両立している
正面は、世界初採用となる4.9インチのIGZOディスプレイが鎮座しています。狭額縁デザインも相まって、デカい液晶がドーンと迫るインパクトは相当なものがあります。本体の幅は68ミリで、SH-09D比で1ミリ増におさめました。

とはいえ、手の大きい方である自分でもかなり大きいなぁ、と感じてしまうレベルです。購入前にモックアップ(模型)でも良いのでサイズ感を確認することをお勧めします。

IGZO液晶は、インジウム・ガリウム・亜鉛からなる酸化物半導体を薄膜トランジスタとして採用した液晶で、従来のCGシリコン液晶と比較して光の透過率が約70%向上しています。そのため、バックライトの電力を抑えつつ、より明るい画面を実現しています。

また、静止画表示時に液晶のプロセッサ処理を止めることができるようになっています。これらの工夫によって、バッテリー消費を抑えつつ、より高画質化を果たしました。実際に見てみると差は歴然としています。

正面と言えば、よーく見ると、耳に当てる受話部(スピーカー)が見当たりません。SH-02Eでは、画面全体がスピーカとなる「パネルレシーバー」を採用しているからです。画面に耳を当てれば、どこでも音が聞こえます。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy