体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

星野源、アニメ映画「聖☆おにいさん」のブッダ役に決定! イエスは森山未來

 

左から、星野源、森山未來 (C)中村 光・講談社/SYM製作委員会

 

来春に公開予定のアニメ映画「聖☆おにいさん」のメイン・キャラクターであるブッダ役の声優を星野源、イエス役の声優を森山未來が務めることがあきらかとなった。

 

左から、星野源、森山未來 (C)中村 光・講談社/SYM製作委員会

 

「聖☆おにいさん」は、ブッダとイエスの聖人コンビが東京・立川でアパートをシェアしながら下界でバカンスを楽しむ姿を描く、中村光の人気コミックを映画化したもの。劇場版「涼宮ハルヒの消失」やTVアニメ「THE IDOLM@STER」に携わった高雄統子が監督に初挑戦し、ムーンライダーズの鈴木慶一と白井良明がタッグで音楽を担当することでも話題を集めている。

高雄が演出を手掛けた作品をリアルタイムで観ており、「聖☆おにいさん」の原作コミックも新刊が出れば買っているという星野は、「自分とお金に厳しく、シルクスクリーンが好きなブッダとして生きられるよう、頑張りたいと思います」とコメント。一方、今回初めてアニメの声優にチャレンジする森山も、「この自分にとって新しい現場をブッダ演じる源ちゃんとのコンビネーションも含めてとにかく楽しめればいいなと思っています」と意気込みを語っている。2人の〈聖人ヴォイス〉に期待しておこう。

★アニメ映画「聖☆おにいさん」の作品情報はこちら

 

 

ブッダ役・星野源 コメント

元々アニメが大好きなので、お話をいただいた時は本当に嬉しかったです。高雄さんが演出された作品はリアルタイムで観ていましたし、「聖☆おにいさん」も新巻が出れば買っていました。違う価値観の二人が一緒に暮らしているのがすごく好きです。人間は皆ばらばらなのだ、と常々思っていたんですが、天界も同じだったのかと(笑)。でもその二人が相手を思いやりながら生活している。ある意味、すごく人間的で普遍的な話だなと思っていました。自分とお金に厳しく、シルクスクリーンが好きなブッダとして生きられるよう、頑張りたいと思います。収録が本当に楽しみです。

 

イエス役・森山未來 コメント

源ちゃんとはまたどこかで仕事をしたいなぁと思っていたんですが、こういった巡り合せもなかなかに乙なもんだなと。小学生の頃、初めて読んだ伝記物は「キリスト」でした。中学生の頃、手塚治虫さんの「旧約聖書物語」や「ブッダ」に触れていました。「聖☆おにいさん」は何年か前に人からのすすめで単行本で読ませて頂いたんですが、中に盛り込まれている宗教的な小ネタがどれもわかるだけにたまらなく、これは日本ならではの距離感だなと感じた記憶があります。イエスを演じるどうこうというより、とにかくアニメーションに言葉を乗せるという行為自体が初めてなので、この自分にとって新しい現場をブッダ演じる源ちゃんとのコンビネーションも含めてとにかく楽しめればいいなと思っています。

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。