体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一目惚れするくらい綺麗で真っ赤!iPod touch (PRODUCT) REDを購入したので開封してみた【レポート】


これまでで最も薄く、軽いiPod touch!
Appleより発表された第5世代「iPod touch」(5th generation)はこれまでに登場したiPod touchの中で最も薄く、4インチRetinaディスプレイ、5メガピクセル、Siriなどを搭載したモデルになっています。

カラーバリエーションは従来に比べ、表面に色を塗る技法ではなく、アルミニウムの素材自体に色をつけることによって鮮やかなカラーとメタリックの素材感を感じることができるストレート(ブラック)に加え、シルバーやピンク、ブルー、イエロー、Apple Store限定カラー(PRODUCT) REDの豊富なカラーバリエーションになっています。

豊富なカラーバリエーションの中からApple Store限定カラー(PRODUCT) REDを入手することができましたので紹介していきたいと思います。

001

ケース上部にはおなじみのりんごのロゴ

003

ケース左側面にはiPod touchの文字

004

ケース右側面には(PRODUCT)Special Editionの文字が!

002

正面から見るとベースのホワイトに鮮やかな赤

本体を取り出すとクイックスタートガイド、アップルスッテッカー、(PRODUCT) REDにだけ同梱される売上の一部をアフリカのエイズ対策支援のため寄付される内容が記載された赤いカード、iPhone 5同様のEarPods、小さく新しくなったLightning、iPod touch loop(ストラップ)が同梱されています。

006

本体・同梱物

008

新しいイヤーバッド式ヘッドフォンEarPods

009

本体には画面がプリントされたシールが貼られています

010

下部には左からイヤホンジャック・Lightningコネクタ・スピーカー

第4世代iPod touchと比べても第5世代iPod touchは薄くて軽くなっています。第4世代iPod touchはスピーカーが右、イヤホンジャックが左となっていましたが、第5世代iPod touchではスピーカーとイヤホンジャックの位置が逆になっています。

011

第5世代iPod touch(左)、第4世代iPod touch(右)

012

第5世代iPod touch(左)、第4世代iPod touch(右)

iPod touch loop(ストラップ)が同梱されています。取り付け方はとっても簡単になっていて、本体裏側にある銀色のボタンをポチッと押すと銀色のボタンが飛び出すので付属のストラップを取り付ける方法になっています。
従来のストラップホール(穴式)ではなく引っ掛けるタイプになっているので付けたいときに取り付け取り外しが簡単にできるのも魅力になっています。

013

銀色のボタンを押したところ

014

ストラップを取り付けたところ

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。