体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

使い慣れたmicroUSBケーブルをiPhone 5で利用可能! 国内未発売の「Lightning to Micro USB Adapter」を試す【レビュー】

国内でもぜひ販売して欲しい一品
iPhoneiPadなどAppleのデバイスに従来用いられていた充電・通信インタフェース「Dock」に変わり、iPhone 5からは小型化された新インタフェース「Lightning」が導入されています。iPhone 5を購入するとLightningのケーブルが1本付属しており、Apple純正品のLightningケーブルやDockとの変換アダプタが販売されていますが、従来Dockに対してはサードパーティから提供されていたリールケーブルやmicroUSBとの変換アダプタなどは今のところ存在せず、ユーザーの選択肢が限られている現状です。

そこで今回は、Appleが地域限定で提供している、LightningをmicroUSBに変換するアダプタ「Lightning to Micro USB Adapter」を試してみます。これを使えばmicroUSB用の多彩なケーブルをiPhone 5で使うことが可能になります。

「販売される全ての携帯電話の充電端子としてmicroUSBへの準拠が義務付けられている」というヨーロッパの地域事情から、AppleはDockコネクタの時代からヨーロッパ地域限定でmicroUSBとの変換アダプタを純正アクセサリとして販売していました。今回Lightningについても同様の理由により、ヨーロッパ地域限定でmicroUSB変換アダプタが販売されているものと思われます。

さて今回入手した「Lightning to Micro USB Adapter」は、片方がmicroUSB(メス)、もう片方がLightning(オス)になっている非常にシンプルなものです。一般的なmicroUSBケーブルと組み合わせて使うことで、iPhone 5への充電やPC接続を行うことができます。

【Lightning to Micro USB Adapterのパッケージ】

lightning_to_microusb_001

【現状日本では販売されないが、パッケージ裏には日本語の表記が】

lightning_to_microusb_002

【microUSBの差し口とLigheningの端子をそれぞれの端に備える】

lightning_to_microusb_003

【microUSBのリールケーブルと組み合わせて利用可能】

lightning_to_microusb_004

Appleからしてみればヨーロッパ地域の規制に対応するため仕方なく販売しているアクセサリですが、実際使ってみると、世の中に広く普及しているmicroUSBケーブルを流用できる、使い勝手の非常によい一品であることがわかります。iPhoneと他のスマートフォン・タブレット・モバイルルーターなどを併用しているガジェットマニアならば、このアダプタを併用することでケーブルを共用できるメリットもありそうです。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy