ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

F1韓国グランプリコースの芝生が剥がれまくり危険過ぎ! 車に巻き付く芝生はクラッシュの可能性も

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


一昨年より開催されたF1韓国グランプリだが、開催前から『韓国インターナショナルサーキット』が数々の問題を抱えていると話題になっていた。その問題とは、建設途中のギャラリー席、凹みがあるアスファルトコース、高すぎる縁石、うねっている路面などドライバーに取っては死につながるかもしれない危険なコース。

そんな『韓国インターナショナルサーキット』は“グレードA”を取得し、無事開催にこぎ着けたのだが、今年のF1グランプリも韓国でのコースで問題が発生したようだ。

※全ての画像(5点)をご覧になるにはこちらからご覧ください。


なんとコース側面に置かれていた芝生がマシンの勢いによってめくれあがり、吹っ飛ばされているのだ。中にはマシンに巻き付く場面も見られ非常に危険な状態。只単に芝生を敷いただけにしか見えないこのコース。何のために芝生を敷いたのかも気になるが、この手抜き加減も酷い。

コース建設中はクレーンが転倒し客席を破壊するトラブルや、芝生に青色の液体をまき染める場面なども見られた。人命に関わっているF1をこんな手抜き設計でめちゃくちゃにされたらかなわないだろう。

過去に幾度となく取り上げてきたF1韓国グランプリだが、今回の酷さは群を抜いている。ガジェット通信ではF1韓国グランプリについて何度も書いてきたので、興味のある方は過去の関連記事もご覧になってほしい。


画像:1点目は『youku』より引用。2点目以降は過去記事を参照

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP