体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドコモ冬モデルの本命はコレ!?モバイルバッテリーとしても使えるXi対応モバイルWi-Fiルーター「L-03E」を写真でチェック【レポート】


したいことができる大容量バッテリー搭載の「L-03E」は買いだ!
既報の通り、NTTドコモは11日、2012年冬に発売する予定の新モデルや新サービスを発表する「2012冬モデル 新商品・新サービス発表会」を開催し、LGエレクトロニクス製のモバイルWi-Fiルーター「L-03E」を2013年1月に発売すると発表した。

同発表会の展示会場にてF-04Eを試すことができたので写真で紹介する。

■外観および主な仕様

121011_dcm_l03e_02_960

本体正面(左)と本体背面(右)。カラーはBlackのみの1色展開

121011_dcm_l03e_03_960

左側面にあるスライドキーは電源キー

121011_dcm_l03e_04_960

本体正面にはジョグキーを搭載
本体のサイズは約92(高さ)×60(幅)×19.5(厚さ)mm、質量は約145g。下り最大100Mbps、上り最大37.5MbpsのXi通信のほか、下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbpsの3G通信に対応、無線LANはIEEE802.11b/g/nに対応する。インターフェイスはmicroUSB、Wi-Fiによる機器接続は同時に10台まで可能。

121011_dcm_l03e_05_960

背面のリアカバーおよび電池パックを外したところ

121011_dcm_l03e_06_960

電池パック

121011_dcm_l03e_07_960

ドコモminiUIMカードスロット
電池パックを外したところに、ドコモ mini UIMカードスロットを備える。なお、モバイルWi-FiルーターにはmicroSDカードリーダー/ライターとしても利用できるようにmicroSDカードスロットを搭載するモデルもあるが、今回のL-03Eでは搭載されておらず、説明員によると「調査した結果、利用頻度が低いため今回はmicroSDカードスロットは搭載していない」とのこと。

電池パックは3.7V 3600mAh 13.4Wh、型番L21のものが使われていた。連続通信時間はXi(LTE)で約8時間、3G通信で約11時間となる予定。

■他モデルとの比較

121011_dcm_l03e_08_960

左からL-09C、L-03E、L-04D

121011_dcm_l03e_09_960

厚さ比較
ドコモ向けのXi対応モバイルWi-Fiルーター「L-09C」「L-04D」(いずれもLGエレクトロニクス製)とサイズの比較をしてみた。2011年夏モデルのL-09Cは厚みこそそれほどないが、全体サイズがもはやスマートフォンといえるほど大きいサイズだ。

2012年夏モデルのL-04Dはサイズも厚みもかなり小さく、薄くなったモデルで持ち運びには適しているが、サイズが小さい代わりにバッテリーの持ち時間が短い点が気になる。

L-03Eでは、この2機種の中間サイズで、厚みが増している分、大容量の電池パックを搭載できている点が魅力といえるだろう。

121011_dcm_l03e_10_960

URoad-8000(左)とL-03E(右)

121011_dcm_l03e_11_960

サイズ、厚さともほぼ同等
手持ちのWiMAX対応モバイルWi-Fiルーター「URoad-8000」(シンセイコーポレーション製)とも比較してみた。サイズや厚みはほぼ同等だが、重量は50g弱ほどL-03Eの方が重い。搭載する電池パックは、URoad-8000が2300mAh、L-03Eが3600mAhと1.5倍以上になっている点が大きい。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。