体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

衣装をコーディネートしてアイドル活動! ゲームを基にした新作アニメ『アイカツ!』レビュー[6.3/10点]

アイカツ!

秋アニメクロスレビュー『アイカツ!』

主人公の星宮いちごは、ごくごくフツーの中学1年生の女の子。ところが、親友のあおいに誘われてアイドル養成の名門校「スターライト学園」に編入したことで、いちごをとりまく世界がガラリと変わってしまう。様々なライバルたちと出会い、アイドルとしての心得を学びながら、いちごはアイカツ!カードを使って数々のオーディションに挑戦していくことに。
新人アイドルいちごの、明るく元気なアイドル活動が幕を開ける……!

企画・原作/サンライズ
原案/バンダイ
制作/サンライズ
監督/木村 隆一
声優/諸星 すみれ、田所 あずさ、大橋 彩香
10月8日よりスタート
テレビ東京系 毎週月曜 夜7時30分~
公式サイト:http://www.aikatsu.net/[リンク]

『ガジェット通信』秋アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

6.3/10点(レビュアー3名)

srbn のレビュー

アイカツ
演出 6
脚本 7
作画 6
OP/ED 7
販促は基本 8
-----
総合 6

リアルと同様にアニメの世界でもアイドル戦国時代だったりする昨今。『アイドルマスター』、『プリティーリズム』に続いて登場したアイカツですが、筺体のゲームが元にアニメ化されていたり、コーデをした後でライブがあったり、サビのあたりでエフェクト(技)が入ったり、ライブ中に観客の興奮度を測ったり、もう完全に『プリティーリズム』。ハートに乗っかってアップになった辺りで技名を叫んでくれてもよかったのに。
しかし、この手のアニメにしてはOPは珍しく激しさがないですね。目指すアイドル神崎美月の曲も割りとゆったりとしていて不思議な感じがしました。対照的にEDはすごくノリやすいし“カレンダーガール”っていうタイトルもいいですね。それにしてもダンスパートは謎CGっていうのは業界の決まりごとになったのでしょうか?

アニ二郎探検隊 のレビュー

演出 7
脚本 6
作画 7
OP / ED 6
キャラクター 7
-----
総合 7

イチゴやらライチというスイーツ全開の名前は30代の自分には抵抗がありますが……アイドルにあこがれる普通の女の子が友だちと一緒にアイドル養成学校に編入するストーリーなのだが、このアニメはただならぬポテンシャルを別のところで秘めている
アニメの中のアイドルステージはなんとアイカツ!カードを用いて衣装をコーディネイトするのだ。このアニメの中のアイドルはみなこのカードを持っている。そしてそのカードは現実のアーケードゲームにも対応している。そう、やりたくなるに決まっている。売れる。売れるでこれは!!

鬼嶋 ピロ のレビュー

演出 6 
脚本 6
作画 6
OP / ED 6
こーゆーCGの時の違和感 8
-----
総合 6

なんかいきなり弁当アニメはじまったwww弁当でお客軽くdisってるしwwww
弁当アニメじゃなくてアイドル活動、略してアイカツをするアニメなんですねwwwなんか土曜日のテレ東朝枠な匂いですwww
主役のいちごも可愛いし、ママも若くて可愛い、むしろママが性的ですらあるwwwwそりゃあ弟も性の目覚めが早いわwwwww
惜しむらくは女の子の私服があんまり可愛くないとこと、ダンスシーンのCGキャラが手足細過ぎてローキック一発で折れちゃいそうなのがちょっと勿体無いなぁとwwwww制服や衣装は可愛かったり、CGじゃないとこはバランス良いんだけどなぁwww
しかしアイカツカードってのでコーディネートして遊ぶゲームが基とは言え、宣伝の勢いが凄くてもはやギャグですwww
個人的にはいちごが妙に可愛いと思っている自分の気持ちに戸惑っているwwwなんだこの説明できない魅力はwww

レビュアープロフィール

srbn

OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

アニ二郎探検隊

アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

鬼嶋 ピロ

業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。