体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

持ち歩けるフルハイビジョンAV機……だけじゃない! NTTドコモ タブレット「ARROWS Tab F-05E」を写真でチェック【レポート】

今度のARROWS Tabは、1920×1200ドット液晶搭載!

既報の通り、NTTドコモは11日「2012年冬モデル新商品・新サービス発表会」において、LTE規格の次世代高速データ通信サービス「Xi(クロッシィ)」に対応した、10インチフルHDディスプレイ搭載タブレット「ARROWS Tab F-05E」(富士通製)を発表した。

同発表会の展示会場でARROWS Tab F-05Eを試用してきたのでその様子を写真で紹介したいと思う。

01

ARROWS Tab F-05Eは、10.1インチの大画面に1920×1200ドットのTFT液晶を搭載している。ポイントは16:9のフルHD(1920×1080ドット)ではなく、Androidの通知領域を兼ねた16:10のWUXGAを採用している点にある。これによってフルHDのコンテンツを再生しても通知領域が邪魔することなく全画面で表示することが可能となっている。

ディスプレイの高解像度化をサポートするのが、3Dグラフィックチップメーカーでお馴染みのNVIDIA製Tegra3(1.7GHz)だ。Tegra3は、パワフルな12コアのGPUと、F-05Eのディスプレイに最適なフルHDのビデオ再生支援を機能を持っている。

GPUだけではなくCPUはクアッドコアとなっており、高速処理と高速描画が可能となった。

実機を触ってみたところ描画フレーム数が向上していることもあり、滑らかにスクロールし指の操作への追従も良い。解像度が上がったにもかかわらず、前機種のF-01Dにあった描画のカクカクした感じはないため、端末として一つの完成形となったように思える。

02

本体サイズは、約幅259 × 高さ169 × 厚さ9.9mmとF-01Dより一回り小さくなっている。サイズ変化の顕著な部分が上下の枠で、ディスプレイ周りの黒い枠のフレーム部分が薄くなり洗練された雰囲気となった。

本体サイズの縮小に伴い、重量も約17g軽量化となる約580gとなった。たかだか約17gの差だが、新しい要素としてWUXGA液晶パネルと、LTE連続待受時間約1,300時間と大容量化した10,080mAhのバッテリーが加わっている点を見逃してはならない。

07

さらに、本体右側には指紋認証用のセンサーが搭載されている。このセンサー部分はボタンになっており、画面のロックやロック解除画面へのスイッチも兼ねている。ロック操作に関しては、背面に電源スイッチがあった前機種より格段に使いやすくなっている。

使いやすさと言えば、電源スイッチやボリュームキーが本体の側面に変更になったことで目視しやすく押しやすくなった。電源スイッチは本体上部の中央、ボリュームキーは本体左側面と場所が別れたため押し間違いをすることもないだろう。

03

本体上面には電源スイッチ

04

本体底面には卓上ホルダ用の穴

05

本体左側面にはイヤホン端子、USB端子、ボリュームキー

06

本体右側面にはドコモminiUIMカードスロットとmicroSDカードスロット
ボリュームキーが本体左側面に来たことで、miniUIMスロットとmicroSDスロットが右側面に変更なった。この変更に関しては滅多に抜き差しすることはないと思うので、特に使い勝手に影響はないだろう。

08

F-05Eに搭載されているWUXGA液晶の率直な感想は、高解像度ではあるがパッと見はF-01Dとの違いが分からない。appleのiPadが4倍の解像度となるretinaディスプレイとなった時のようなインパクトがないように思えた。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。