体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2012年10月15日~10月21日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

今週の1位

タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2012年10月15日~10月21日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:獅子座

大きく目立った変化はありませんがこれまで地道に積み重ねてきたことが評価につながりそうです。やるべきことをやってきたなら自信を持ちましょう。ただし成果をごまかしたり実績が伴っていない場合は逆に評価を落とすことになりかねません。全ては自分次第です。

第2位:水瓶座

仕事運が好調です。要領よく切り抜けようとするよりも誠実な対応をすることによって良い結果が得られるでしょう。また思わぬ幸運に授かることがあるかもしれませんがむやみに言いふらすなど浮足立たないように注意。苦手なものを克服するなら今が良い機会です。

第3位:牡羊座

これまでの知識や技術あるいは方法に頼るよりも新たな道を探ることが現状打破の決め手となるでしょう。成功するイメージを描くこと。挑戦を恐れず前向きに立ち向かうことが肝要。目先のことだけでなく先々に目を向けて。欲張りな男性からのうまい話には要注意を。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/262706 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:天秤座
停滞していた物事に解決の希望が見えてくる兆し。この機を逃さず動きましょう。ただし勇み足には要注意。金銭運にややかげりが見え始めています。無駄遣いは極力しないように財布のヒモはしっかりとしめて。あいまいな返答やごまかしは避けたほうが良いでしょう。

第5位:乙女座
慎重な言動が求められるときです。物事が思うようにいかずガッカリすることもあるでしょう。しかしあなたのまわりにはあなたに力を貸してくれる人がたくさんいるはずです。話し合いを面倒くさがらないこと。家族のきずなを再確認する出来事があるかもしれません。

第6位:魚座
素のままのあなたが好印象を与えるでしょう。無理に背伸びしたり着飾ったり攻撃的になったりせず等身大で接して。毒舌や高飛車なところがあるならそれを意識して控えるだけでも違います。目上の人との相性が良い時期。上司や先輩とじっくり話す機会を持ってみては?

第7位:蟹座
気分が開放的になるのは悪いことではありませんが調子に乗ってうっかり言わなくても良いようなことまで口にしてしまいそう。他者のことにかまけるより今は自分を磨くことに専念しましょう。大きく環境が変わるようなことはもう少し先送りにしたほうが良さそうです。

第8位:双子座
人と協力して何かを成し遂げようとするよりもひとりで黙々と実績を重ねていくほうが良いようです。他者と行動を共にしようとすると自分のペースを乱され関係にヒビを入れることになるかも。この機会にじっくり取り組みたい勉強や作業に没頭すると結果が出せそう。

第9位:牡牛座
心配事や不安に気をとられてイライラしてしまいがちな週。あせって行動するよりまずは気持ちを落ち着けることが先決。物事がスムーズに運ばないときはそういう時期なのだと割りきってやり過ごすのもひとつの手です。ストレス解消には気の置けない友人との交流を。

第10位:山羊座
トラブルやアクシデントによりあなたの意思に関係なく周囲の環境が大きく変化しようとしています。当座は後始末や対応などに苦労するかもしれませんが客観性を失わず臨機応変な対処を心がけましょう。この山場を乗り越えることはあなたにとってプラスに働きます。

第11位:射手座
健康運に暗雲の兆し。疲れやストレスがたまっているのを感じたら早めに対処を。また少しの違和感も放置しない慎重さを持ちましょう。対人運もやや不調。過ぎたことをいつまでもひきずるのは禁物。また親しき仲にも最低限の礼儀が必要であることを忘れないように。

第12位:蠍座
成果をあげても見返りが得られずモチベーションが下がってしまうかもしれません。全てを投げ出したくなるほど意欲をそがれる可能性もありますがまずは冷静になること。これまでの努力を無にするような早まった行動には出ないほうが良さそう。この忍耐を糧にして。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。